本当のデータドリブン ユーザ行動起点でデジタルサービスの成果を上げる

データから考えること=データドリブンではない

データドリブンを、「データから考えること」だと思っていませんか? データから考えるチームを作った結果、ユーザの肌感も市場の肌感もなく、成果の出るアウトプットを出せずに「データの持ちぐされ」になってしまう企業が続出しています。

本レポートでは、データ活用を業務に組み込めない理由を4つの要因にわけて解説。さらにデータドリブンでUXを改善し、成果につなげる実践的な5つのステップを紹介します。

  • データに基づくUX改善の取り組みがそもそも行われていない
  • 分析の前提となるビジネス理解と顧客理解が不足している
  • ユーザ行動データの分析方法がわからない
  • 事業部とデータサイエンスチームが一丸となって活動を進められない

「データドリブン」でサービスを成長させたいと思っているものの、上記のような悩みを抱えた企業の方、必見です。

資料について

対象
  • 経営企画、部門横断のDX推進、UX関連部門の方
  • デジタルサービスを運営している部門の方
資料名 本当のデータドリブン ユーザ行動起点でデジタルサービスの成果を上げる
企業名 ビービット
企業URL https://www.bebit.co.jp/
問い合わせ先 https://www.bebit.co.jp/contact/