ママ層の「LINE」「Facebook」利用率上昇 スマホ移行も加速

share

ソーシャルメディアに明暗

母親向けコミュニティサイト運営のインタースペースが6日発表した調査では、母親層が最も使うWebサービスは無料通話・メッセージアプリ「LINE」となった。

対象は同社が運営するコミュニティサイト「ママスタジアム」ユーザー2042人で、平均年齢は31.4歳。70.4%が1週間に1回以上、「LINE」を使用しているという。2位は料理レシピサイト「クックパッド(モバレピ)」の57.2%、次いで3位はECモールの「楽天」で56.6%。「Amazon」は21.5%で10位だった。

伸びが顕著となったのは「Facebook」。12年時点の利用率は6.3%だったが、翌13年に40.6%へ伸長。今回の調査でも44.8%に上昇した。一方、「mixi」は12年の45.6%から今年は25.7%に、「GREE」は12年の19.7%から今年は6.9%との結果だった。

スマートフォンへの移行も進んでいる。スマホ利用率は84%、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)は16%で、2012年時点のスマホ23%、フィーチャーフォン77%から逆転した。

調査は2013年12月27日~14年1月14日に、インターネットアンケートで実施した。

Follow Us


オススメ記事

アドバタ会議