SNS大隆盛時代を迎えても、日本はまだまだ「ブログ大国」

share

2011 年 8 月 24 日-コムスコア・ジャパン株式会社は、PC 版ネット視聴率調査データベースの「メディア・メトリックス(MMX)」サービスを通じて分析された日本のブログ利用に関するレポートをリリースしました。

同レポートによると、2011 年 6 月の1ヶ月間に日本の全インターネット人口の 80%以上がブログ サイトを訪問し、ブログ カテゴリーへの訪問者数は前年比で 7%増加しました。FC2 ブログが 4670 万人以上のオーディエンスを記録してトップのブログ訪問先となり、ライブドア ブログとアメーバ ブログがこれに続きました。

コムスコアの西谷大蔵 代表取締役社長は、「ブログは従前も日本のインターネット文化、コンテンツの在る意味核となり親しまれてきた存在でした。そして現在でも、これまで通り引き続き支持されていることが分かります。日本ではブログサイト閲覧行為が一般的に広く普及していることに加えて、訪問者 1 人あたりの滞在時間を見ても、引き続き世界のどの国よりも長い時間を費やしていることが当社調べの視聴率に出ており、SNS やツイッター(ミニブログ)が普及した現時点でもその流れは続いています。」と述べています。

日本は引き続き世界上位のブログマーケット

ブログ カテゴリーについての世界全体の分析結果によると、日本はブログの利用時間において全市場中首位であり、6 月にブログ訪問者は平均で 1 時間以上 (62.6 分) をブログの訪問に費やしていたことが分かりました。韓国が平均 49.6 分で 2 位、続いてポーランドが平均 47.7 分で 3 位でした。

日本はブログ カテゴリーの浸透率(リーチ)についても上位の市場となり、6 月には日本のインターネット人口の 80.5%がブログを訪問しました。台湾が、そのインターネット人口の 85.5%がブログを訪問して世界首位となり、以下ブラジル (85.2%)、韓国 (84.9%)、トルコ (81.9%) が上位にランクインしました。


※インターネットカフェなどの公共のコンピューター、携帯電話や PDA 、タブレット PC からのアクセスを除く。

上位ブログサイトの大半は訪問者 2 桁増を記録

6 月には日本の 15 歳以上のインターネット ユーザーのうち 5900 万人以上が家庭や職場からブログ サイトを訪問し、前年に比べ 7%増加しました。FC2 ブログが 4670 万人の訪問者を獲得し、前年から 16%伸ばして、ブログ カテゴリーにおけるトップの訪問先となりました。

ライブドア ブログが 3340 万人の訪問者 (35%増) で 2 位、Ameblo.jp (アメーバブログ) が 3220 万人の訪問者 (14%増) で 3 位でした。そしてSeesaa ブログ (訪問者 2550 万人) と Yahoo!ブログ (訪問者 1620 万人) が上位 5 位以内に入りました。


※インターネットカフェなどの公共のコンピューター、携帯電話や PDA 、タブレット PC からのアクセスを除く。

コムスコアについて
コムスコア・ジャパン株式会社は、デジタル・ワールドの利用動向調査における分野で世界をリードするグローバル・カンパニーである、米コムスコア (comScore, Inc. NASDAQ: SCOR) の日本法人として、携帯電話から PC まで世界中のデジタル・マーケティングの可視化情報をご提供しています。詳しい情報は www.comscore.com/jpn をご覧ください。

コムスコアの最新情報は Twitter でもお届けしています。 詳細は、コムスコア公式 Twitter アカウント( @comScoreJapan ) をご覧下さい。

Follow Us