大学生が学生生活を通し、エントリーシートを毎日少しずつ書き溜められるサービス「CareerRec」β版オープン

share


「CareerRec(キャリアレック)」画面イメージ

大学生向け無料コピーサービス「タダコピ※1」を運営する株式会社オーシャナイズは、「CareerRec(キャリアレック)」を本日βオープンいたしました。

「CareerRec(キャリアレック)」は、大学生が就職活動をするときに必要となるエントリーシートを、携帯電話・スマートフォンのメール機能やパソコンを使って毎日少しずつ書き溜め、友だちや企業に公開するための実名登録制Webサービスです。

利用開始は大学1年生から。携帯電話やパソコンに配信される質問に最大100字で回答していくことで、自分の体験や学びが蓄積し、可視化されていきます。1晩で書いた10,000字のエントリーシートではなく、3年かけて書いた10,000字のエントリーシートを、大学生と企業に提供します。

※1: 「タダコピ」とは?
「タダコピ」とは、コピー用紙裏面にカラー広告を掲載することでコピー料金を無料にするという新しい広告発信媒体です。大学構内にタダコピ専用のコピー機を設置してサービスを運営しております。2006年4月に慶應義塾大学と法政大学から始まった本サービスは、学生・広告主・大学の三者に喜ばれるサービスということで順調に設置箇所を増やし、2011年9月時点で日本全国90大学111キャンパスでサービスを運営しております。

「CareerRec(キャリアレック)」公開の背景

  1. 変化する国内の採用環境(大量募集・大量選考型採用スタイルの転換)
  2. 募る大学生の就職活動に対する不安
  3. 就社ではない、就職意識の台頭(連続的なキャリア形成の必要性)
  4. 新卒人材の能力・意識格差(地域間・大学間)
  5. 国内人材の国際競争力の低下

これらの背景から、大学生の誰もが、1・2年生のうちから、もっと簡単に、もっと習慣的に自分の経験や体験とキャリアについての考えを、記録、可視化し、蓄積、更新していくことが必要だと考えました。

また、企業の側も、国内経済の成長鈍化から、大量募集・大量選考型採用スタイルの転換を迫られているため、募集の段階である程度、応募者の経歴や考え方、体験を知り、ピンポイントに募集、選考を行う欧米型の新卒採用に変化していくと考え、将来的にこの両者の必要性をつなぐために、「CareerRec(キャリアレック)」をオープンいたしました。

「CareerRec(キャリアレック)」の機能概要

インタビュー

ユーザーが「CareerRec(キャリアレック)」にアクセスすると、大学生が就職活動時の面接やエントリーシートで企業から実際によく聞かれる質問や、答えることでキャリア形成の助けになる質問をランダムに問いかけます。その問いかけに1問1答100字制限形式で回答すると、回答内容が記録され、ユーザーのページに蓄積されていきます。

インタビューの例: 今までの人生で一番成功したことは何ですか?また、成功した要因は何だと思いますか?(100字)

メールインタビュー

インタビューが、携帯電話にメールで自動配信されます。そのメールに返信する形で回答することで、回答内容が記録され、蓄積されていきます。

MyES

ユーザーが過去にインタビュー、メールインタビューで回答した内容が集約されて一覧で表示されます。出身や経歴などの基本的なプロフィールも一緒に表示されるので、人となり、経験、過去の体験などを詳細に表す経歴書として使用することが出来ます。「CareerRec(キャリアレック)」の中では全員が全員のMyESを閲覧することが可能です。また、「CareerRec(キャリアレック)」に登録していない人に対してURLを教えて、自分のMyESを見せることも出来ます。

SNS

「CareerRec(キャリアレック)」に登録している友だちや先輩をフォローすることが出来ます。相互にフォローし合うと、メールのやり取りが可能になったり、「CareerRec(キャリアレック)」内での動きを自動的に報告し合うことが出来ます。

ライブフィード

友だちや先輩の「CareerRec(キャリアレック)」内での動きを自動的に収集して、いつでも閲覧することが出来ます。就職活動やキャリアについて考えていることを、ライブフィードを介して友だちと情報交換することで、モチベーションを維持することや一人では得られない多くの気付きを得ることへの助けとすることが出来ます。

Follow Us