大手広告主の宣伝部長、80社中57社が「SNS」に注目―宣伝会議調べ

share

※本記事は、発売中の宣伝会議6月15日号「宣伝部長80人アンケート」から抜粋したものです。

senden0615

宣伝会議編集部では5月、大手広告主80社の広告宣伝統括部門の責任者を対象にアンケート調査を実施した。責任者のプロフィールのほか、今期の予算の増減傾向、担当部門の業務範囲、組織変更の有無などについて聞いたもので、予算については80社中28社が「増える」または「大幅に増える」と回答している。「前年同様」は29社、「減る」が8社と、大幅な減少傾向は見られなかった。

このほか、今回は「予算を増やす」または「注目している」広告媒体についても各社3点まで回答を得たが、80社中57社が「SNS」、46社が「スマートフォン」と回答している。いずれも近年、企業のマーケターの多くが注目してきた領域だが、宣伝部長クラスまで、ソーシャルメディアを含むデジタルマーケティングと向き合う重要性が浸透してきたと言えるだろう。またデジタルメディアのほか、「テレビ」(80社中34社)、「BS・CS」(80社中21社)など電波媒体が続いた。

※詳細は宣伝会議6月15日号の巻頭特集「予算の増減、注目メディア…宣伝部長80人アンケート」をご覧ください。

宣伝部長が「予算を増やす」または「注目している」媒体の上位

1位 SNS(57社)

2位 スマートフォン(46社)

3位 WEB(PC)(36社)

4位 テレビ(34社)

5位 BS・CS(21社)

※80社から、各社最大3点まで回答を得た。

「宣伝部長80人アンケート」回答企業 ※五十音順

愛眼/アサヒ飲料/旭化成/旭化成ホームズ/朝日新聞社/アサヒビール/アサヒフードアンドヘルスケア/アシックス/アフラック/ECC/ウィルコム/エステー/NEC/NTTドコモ/エバラ食品工業/エプソン販売/オリエンタルランド/カシオ計算機/キヤノンマーケティングジャパン/九州旅客鉄道/霧島酒造/キリンビール/キリンビバレッジ/近畿日本鉄道/クラレ/KDDI/コーセー/サントリービジネスエキスパート/ジェイアイエヌ/ジェーシービー/ジャックス/シャボン玉石けん/西友/セガ/全日本空輸/ゼンリン/ソフトバンクモバイル/大和ハウス工業/東京ガス/東京地下鉄/東芝/TOTO/東レ/トヨタマーケティングジャパン/ナブテスコ/西日本鉄道/日清食品ホールディングス/日本航空/日本生命保険/日本たばこ産業/日本ヒューレット・パッカード/ネスレ日本/ハウス食品/はせがわ/長谷工コーポレーション/パルコ/阪急交通社/ピップ/ファミリーマート/ファンケル/富士重工業/富士ゼロックス/フジッコ/富士電機/富士フイルム/ブックオフコーポレーション/ブラザー販売/ブリヂストン/丸美屋食品工業/ミツカン/三菱電機/明治/森永製菓/森永乳業/ユー・エス・ジェイ/ラウンドワン//リコー/レナウン/WOWOW

宣伝会議2012年6月15日号
『宣伝会議』
「商品を売りたい」「ブランド力を高めたい」「会社を成長させたい」と考える方々へ広告・マーケティング・販促・広報などコミュニケーションの力で成功を勝ち取るための最新の事例とノウハウをお届けする、マーケティングの専門誌です。
 2012年6月15日号の特集は「宣伝部長80人アンケート」。国内大手80社の広告予算がわかる保存版です。

Amazon.co.jpで買う
宣伝会議ONLINEで買う

Follow Us