ヴィーナスフォート、5か国語対応のスマホアプリ運用開始

share

森ビルが運営するお台場の商業施設「ヴィーナスフォート」は、6月1日より営業時間・アクセス等の基本情報や館内のショップ・レストラン情報が集約されたスマートフォン用アプリケーションの本格運用を開始する。

このアプリの大きな特徴は、海外からの観光客需要を見込み、英語、韓国語、中国語簡体字・繁体字及び日本語と5つの言語に対応していること。
最近の円高傾向の影響で、東南アジア諸国を中心に、多くの外国人観光客が同施設を訪れているという。

従来、ヴィーナスフォートでは外国人アテンダントクルーによる案内や、WEBサイトの 36ヵ国語対応などを実施してきた。そこに今回のスマホアプリ導入を加えることで、外国人客の利便性を向上させていく考えだ。

【アプリ概要】

  • アプリ名:VenusFort
  • 対応 OS:Android、iOS (iPhone)
  • ダウンロード価格:無料

Follow Us