見えてきた“デジタルがマーケティングにもたらす本当の変革”とアドビの最新ビジョン―「Adobe Digital Marketing Forum 2013」レポート

share

“統合”から読み解く新たなマーケティングの在り方

顧客の行動や関心がデジタルにシフトしているのは、もはや疑いようのない事実。それに応じて、デジタルを活用し、マーケティングコミュニケーションのやり方も大きく変革しなければ…。そんな危機感から、企業がデジタルマーケティングに寄せる関心は高い。

その関心の高さを示すように、6月13日東京・グランドハイアットで開催されたアドビ システムズ主催の「Adobe Digital Marketing Forum 2013」は、1500名以上の来場を記録した。

毎年開催されてきた本イベントだが、雨にも関わらず、今年の来場者数は過去最高。また従来、デジタルに詳しいオンライン担当者が多く参加していたが、今年は広告・マーケティング部門の役員、部長クラスの参加が目立ったことも大きな特徴だ。

アドビ マーケティング本部 デジタルマーケティングスペシャリストの井上慎也氏は今回の発表について、次のように話す。「アドビはOmnitureの買収に伴うSiteCatalystによるWEBサイトなどのオウンドメディアの解析に始まり、昨年は分析だけでなくデータに基づいて次のアクションにつなげていく必要性と、ソーシャルによる世の中の変化をメッセージとして発信した。

それから1年、アドビは自社での活用や先進企業との取り組みの中、新たな課題、すなわちオウンド、ペイド、アーンドといったあらゆる顧客接点で部門それぞれが部分最適化してしまう『サイロ化』という問題を指摘。個々の接点で数値化・分析・最適化するだけでなく、各部門共通のメトリクスを整備し、マーケティングコミュニケーション全体を俯瞰して、皆がデータを基に判断する環境をつくることにより、顧客にとってトリプルメディアを通じた一貫性のあるブランド体験を最適化させる必要性を発信した。

デジタルマーケティングを包括的に支援する『Adobe Marketing Cloud』と、これに含まれるAnalytics、 Media Manager、 Social、 Target、 Experience Managerといったマーケターが重視すべき5つの領域をカバーするソリューションは、まさにマーケターに対してトリプルメディアすべてを統合しアクションへとつなげていくマネジメント環境を提供し、顧客に対して適切なブランド体験を設計するためのマーケティングプラットフォーム」。

新しいマーケティングの“その先”に見えるもの

基調講演に登壇したアドビ システムズ社 デジタルマーケティング担当上級副社長のビル イングラム氏は、マーケティングの重要課題として「Engage Everywhere(どこでも、お客さまの心をつかむ)、「Embrace Rocket Science(高度な技術を採用する)」、「Connect the Dots(点と点をつなぐ)」の3点を挙げ、前述のAdobe Marketing Cloudへと変革する理由として提示した。

また、デジタルへのシフトは「顧客は自分のためだけの特別なデジタルエクスペリエンス」への選好を強めるため、顧客接点での「ミリセカンド単位の対応」、すなわち、一人ひとりにとって最適なコンテンツを瞬時に出しわける、パーソナライゼーションの実現が目指す姿だと説明した。その実現に向け、企業内の様々なマーケティング関係者や経営との意思疎通を促進する、新しいUI(ユーザーインターフェイス)も紹介された。

アドビ システムズ社・デジタルマーケティング担当上級副社長のビル・イングラム氏。

さらにビル氏は、この「Adobe Marketing Cloud」と、クリエイティブ、パブリッシングにおいて最新の表現、作業の効率化を支援する「Adobe Creative Cloud」とが連携を強化することにより、コンテンツ制作からキャンペーン実行までのPDCAを回す際のボトルネックを解消するという、アドビならではのビジョンを語った。同社では2つのソリューションを軸に、データに基づいた顧客分析と最適化のみならず、コンテンツの配信と最適化までを、よりスピーディに実現するという。

≫次ページ 「日本流“カイゼン”の文化とデジタルマーケティングの親和性」


「あなたの会社のブランド強化に活用できる10の方法」のレポートは
下記よりダウンロードいただけます。
http://apps.enterprise.adobe.com/go/701a0000000mp9yAAA


※デジタルマーケティングに関する情報が下記のWebサイトにもございます。
「Digital Experienceの向上がビジネスを変えていく」
http://digitalexperience.ismedia.jp/

【お問い合わせ】
アドビ システムズ 株式会社
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎 イーストタワー

Adobe Marketing Cloudについて
http://www.adobe.com/jp/solutions/digital-marketing.html?sdid=KFVKV

Follow Us