「ちゃんと商品コメント使ってよっ!」芸能レポーターらもタジタジの“ご意見番”マツコが登場——「MOSDO」発表会

share

報道陣らの爆笑を誘う、“マツコ節”炸裂の会

モスバーガーとミスタードーナツのコラボレーションブランド「MOSDO(モスド)!」の新商品・新CM発表会が27日開催され、新CMに登場するタレントのマツコ・デラックスと女優の忽那汐里がゲストとして出席した。

同ブランド第三弾となる新商品のテーマは“モスとミスドのとりかえっこ”。両社の代表商品である「ライスバーガー」と「フレンチクルーラー」を交換し、それぞれの開発チームでオリジナル商品を開発し、期間限定で発売する。

これに伴い、新CMでは両社のCMキャラクターである、モスバーガーの忽那汐里と、ミスタードーナツのマツコ・デラックスが出演ブランドをトレード。28日から「モスのフレンチクルーラー マツコ、モスに潜入!?」篇と「ミスドのライスバーガー 忽那、ミスドに潜入!?」篇の新CM2本を全国放映する。

両社の代表商品やCMキャラクターらのトレードにより、プロモーションの相乗効果を狙う考え。

発表会でのフォトセッションの様子。マツコは忽那に対し、「この人たち(メディア)、商品を(写真に)うまく押し込まないと切り取るから、ちゃんと(商品が写真に)入るように頑張って!」や、両社のキャラクターに対し「あんたらも商品アピールのためにもっと入り込みなさい!」と腕を引っ張る場面も。場の主旨の理解度はピカイチ。

MCの女性に対しても、「さっきの打ち合わせより、全然オーバーリアクションじゃない」「大体、企業イベントのMC任される人って20年選手だからね。あんたもそんなに若くないでしょ」など次々と斬り込み。“とりかえっこ”をテーマとした新商品については「こういうのも、たまにやると刺激になって良いんじゃない」とコメント。

発表会には、84席用意されたプレス席をほぼ埋める数のメディアが来場。ムービーカメラも約20台集結し、大勢のメディアが取材に訪れた。紫色の衣装であらわれたマツコは、ステージに登場するやいなや、忽那と司会の女性を飲みこむ勢いで“マツコ節”を炸裂。

華奢で物静かな忽那を前に、マツコは「何だか私、さらし者みたいじゃない!?」と自虐的にツッコミ。マツコの印象について聞かれた忽那は、「いい意味で迫力と破壊力がすごい」と表現し、会場の笑いを誘った。

会に集まった芸能メディアのほとんどが、芸能ニュースの“ご意見番”でもあるマツコから、AKB48メンバーが握手会で襲撃された事件、そして男性デュオCHAGE & ASKAのASKA容疑者らが覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件についてのコメントを引き出そうと集まった模様。

終了後に行われた囲み取材に再びステージにあらわれたマツコは、開口一番、報道陣に向かって「今日は汐里ちゃんがいるので、AKBの質問はナシよ~」と促したものの、必死で食いつく芸能レポーターらの上記質問に「しょうがないわね」と返答。

最後の質問になって初めて商品に関する質問をしたリポーターらに対して、「最後だけ商品のこと聞いたら良いってもんじゃないわよ!」と笑いながら突っ込むシーンも見られた。

囲み取材でも怖いものなしのマツコ。運営スタッフがメディアに対し、「会に関する質問のみでお願いします」「次が最後の質問でお願いします」と注意喚起を促す中、「なかなかそれで“はい”って聞くようなババア(芸能レポーター)たちじゃないのよ。何が一番たちが悪いって、このババアらだからね」と笑顔でレポーターらに突っ込み。終了後には「ちゃんと商品コメントのところ、使ってよ!」と念押しし、ステージを去った。

MOSDO(モスド)!」関連記事はこちら

Follow Us