廣告社、次期社長に志村潔氏 10月24日就任

share

廣告社はこのほど、次期社長に志村潔(しむら・きよし)常務取締役社長室長を起用する人事を固めた。10月24日に開く定時株主総会と取締役会での承認を経て就任する。湯澤斉社長は代表権のある会長に就く。

志村潔 常務取締役社長室長

志村氏は1986年に廣告社入社。総合企画室アートディレクター、東京本部コミュニケーション局統括局長などを経て、2011年に取締役東京本部クロスメディア局統括局長、12年取締役社長室長、13年から現職。武蔵野美術大学造形学部卒。山梨県出身。59歳。

廣告社は国内で最も歴史のある広告会社として知られ、2013年に創業125周年を迎えた。創業家以外からのトップ起用による体制刷新で、経営改革と風土改革を図る。湯澤氏は今後、同社が昨年立ち上げた留学生誘致のプロジェクトに専念するという。


「廣告社」に関連する記事はこちら

Follow Us