検索は国民の関心を映す鏡だ―「Yahoo!検索大賞2014」は「羽生結弦」が最高賞受賞

share

ヤフーは12月8日、2014年に検索件数が最も上昇した人物・作品・製品を表彰するアワード「Yahoo!検索大賞2014」の結果発表および表彰を行った。

アニメ部門は妖怪ウォッチが受賞。ケータとジバニャンが駆け付けた

「YouTuber」として知られるHIKAKINが、スペシャル部門で選出・表彰

ヤフー 宮坂学社長は冒頭で「スマホでいつでもどこでも検索できるようになった。ヤフー検索毎秒4000回、国民の約半分である5000万人に利用されている。ヤフーの検索結果は、日本のインターネットユーザーの興味・関心や心理状態をリアルタイムに映しだしている。検索窓は『心の窓』になりつつある」と挨拶した。

同賞は、全3カテゴリー・17部門で構成される。そのうち、「パーソンカテゴリー」の中から1名選出される最高賞の「大賞」には、フィギュアスケートの羽生結弦さんが選出された。
急上昇の理由については、「『ISUグランプリファイナル2013』を制し、満を持して出場したソチ五輪フィギュアスケート男子シングルで、見事金メダルを獲得。日本中が『ゆづ』一色になった」とされている。

大賞以下、各部門の結果は以下のとおり。

次ページ 「各部門の結果」へ続く

Follow Us