メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

2015年度「日本PR大賞」決まる リーチ・マイケル選手、いすみ鉄道を選出

share

日本パブリックリレーションズ協会は6日、2015年度の「日本PR大賞パーソン・オブ・ザ・イヤー」と「日本PR大賞シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を発表した。

2015年12月10日、日本郵便とネスレ日本の発表会に登壇したリーチ・マイケル選手

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」は、ラグビー日本代表主将のリーチ・マイケル選手(東芝ラグビー部所属)に決定。主将として2015年のラグビーワールドカップで4戦3勝という実績を残し、日本での2019年ワールドカップ開催に向けてラグビーブームの醸成に多大な貢献を果たした点が評価された。

また、「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」には、千葉県夷隅郡大多喜町の第三セクターによる鉄道事業会社・いすみ鉄道が選ばれた。2009年、公募により社長に就任した鳥塚 亮氏による「ムーミン列車」「車両オーナー制度」といった取り組みをはじめ、町おこしにも貢献するユニークなPR戦略が評価された。

いすみ鉄道 代表取締役社長 鳥塚 亮(とりづか・あきら)
1960年東京生まれ。88年に開業し、廃止議論が持ち上がっていたいすみ鉄道の社長に2009年、123人の中から公募で選ばれ、2010年8月までに同鉄道を存続へと導いた。子どものころから乗り物好きで、大韓航空、ブリティッシュ・エアウェイズなどを経て現職。

なお鳥塚氏は現在、月刊「広報会議」にて地域活性をテーマとした連載を執筆中。

<参考記事>
廃止寸前のローカル鉄道、いかに立て直した?「よそ者」社長が協力を得るまで

表彰式は、いずれも25日の同協会主催「新春PRフェスタ」で執り行われる。

「パーソン・オブ・ザ・イヤー」はパブリックインタレスト(公益)に貢献し、かつ話題性や好感度、発想の斬新さなどを観点に、その年に経済活動、文化・スポーツ、社会・教育などの分野でPR(パブリックリレーションズ)の視点から、この年に最も活躍した人を表彰するもの。同協会会員ならびに顕彰委員会が選考を行った。

また「シチズン・オブ・ザ・イヤー」は長年にわたり社会や業界の発展に寄与し、奨励に値する実務を実践した上で、広報・PRの観点からもその独創性が顕著である人、またはそのグループを表彰している。


「日本PR大賞」に関連する記事はこちら

【関連記事(月刊「事業構想」Web版)】
ラグビー日本代表 大躍進の理由をリーチ・マイケル主将に聞く

Follow Us