TOW・1-10・ギークが新会社 イベント・デジタル・映像でスポーツ関連事業

share

zenntai

「メジャー、マイナーを問わず、スポーツに『知る』→『体験する』→『選手として参加する』→『応援する』といった流れを生み出したい。そのためには、スポーツの価値を体験できる場が必要だ」(テー・オー・ダブリュー江草康二社長)――。

テー・オー・ダブリュー(TOW)、ワン・トゥー・テン・ホールディングス(1-10HD)、ギークピクチュアズの3社は、合弁会社「スポーツイズグッド」を6月1日付で設立した。スポーツ振興と、周辺事業開拓を目的に、デジタル技術や映像技術を活用したイベント、PR活動の企画プロデュース事業を手がける。資本金は3000万円で、TOWが51%を出資する。ワン・トゥー・テンは34%、ギークが15%。

新会社の社長は、TOWの江草社長兼最高経営責任者が兼任する。副社長に1-10HDの澤邊芳明社長が就く。澤邊氏は、東京五輪組織委員会のアドバイザーでもある。ギーク代表の小佐野保氏は、取締役を務める。

3社は、2020年の東京五輪をきっかけに、スポーツ自体への関心の高まりや、スポーツを企業のマーケティング活動や、地方創生に活用しようという気運が高まると見込む。「VR(仮想現実)などのテクノロジーを生かせば、アスリートの視点から観戦するような体験を生み出せる。外部のPR会社やクリエイターの協力も請いながら、スポーツを応援していきたい」(江草氏)という。

TOWは、1-10HD傘下のワン・トゥー・テン・デザインと2014年に業務提携し、デジタルコンテンツのノウハウを取り入れたイベント企画・制作に力を注ぐ。「インタラクティブ・プロモーション(IP)」と標榜する事業領域で、同社の売上高拡大のけん引役となった。2016年1月~3月も、IP事業で新規案件の獲得や5000万円超の中大型案件の受注数が増加した。

Follow Us