メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

アクセンチュア×アイ・エム・ジェイ トップに聞く 経営層からデジタルシフト促す

share

アクセンチュアがアイ・エム・ジェイ(IMJ)の株式の過半取得に合意したとのニュースはマーケティング・広告関係者の注目を集めた。デジタルマーケティング領域の市場環境変化を象徴する今回の合意がもたらすものとは。両社のトップに合意に踏み切った理由や今後のビジョンについて聞いた。
imj_1

(左から)アクセンチュアの黒川順一郎氏、江川昌史氏、アイ・エム・ジェイの竹内真二氏、加藤圭介氏
IMJ1

互いのDNAに共感 強み生かした協業を目指す

江川 企業や組織の経営を考える上で、デジタルはもはや避けて通ることができません。デジタルを取り込んだ戦略はむしろ主流になっていくでしょう。

アクセンチュアは、戦略コンサルティングや情報システム、アウトソーシングなど、顧客の変革支援に視点を置いたサービスをグローバルで展開していますが、デジタル領域へのニーズは日増しに高まっています。

デジタルマーケティングの専門組織「アクセンチュア インタラクティブ」の機能強化は、その流れを受け全世界で進めてきたものです。日本市場では今回の合意を皮切りに、IMJと一緒にその展開を加速させていきたいと思っています。

竹内 IMJはWeb制作で事業をスタートし、運用やデータ分析などに徐々に領域を広げてきました。その先には、「マーケティングサービスプロバイダー」として、デジタルマーケティングにおけるお客さまのあらゆる課題に対応できる企業になるというビジョンを描いてきました。今回の合意は、その延長線上にあります。

我々にないスキルやグローバル視点を持つ、この上ないパートナーを得ることにつながると考えています。

黒川 これまでもデジタルマーケティングのパートナーとして、個々の案件で協業してきました。我々は、顧客起点戦略立案からオペレーションまでのすべてを“end to end”で支援していくことを掲げていますが、IMJも同じスタンスに立っていることが一緒に仕事をして分かりました。

デジタルマーケティングの支援を通じて、最終的には消費者の生活を豊かにしていく、という考え方も同 様です。言わば、互いの“DNA”に共感できたことも今回の合意を後押ししたと考えています。

さらに、この分野におけるIMJのプレゼンスの高さや幅広い実績に魅力を感じて、こちらから話を持ち掛けました。

加藤 我々は主にマーケティング部門の課題解決に取り組んできましたが、デジタルを活用し、顧客体験価値を変革していくためには、経営陣含め会社全体を動かしていかなければならないと訴えてきました。

アクセンチュアは、企業の経営層と多くのつながりを持っているので、我々の目指す方向性を加速させていくことができると期待しています。経営視点やデジタルを活用してビジネスそのものを変革していくというアプローチについては、IMJがアクセンチュアから学ぶことは多いでしょう。

次ページ 「戦略立案から実行まで“end to end”で対応可能に」へ続く

Follow Us