IMJ がBOT を通じた顧客体験コンサルティングを開始

share

アイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)は7 月13日より、Facebook Messenger、LINEを始めとする、各種対話型インターフェースにて、BOT を通じた企業のオウンドサービス・コンテンツ提供を支援するサービスの開始を発表した。
それぞれの企業のサービス・顧客体験を分析し、機械学習能力を持ったBOT、単純な受け答えのみの BOT といった中から、最適な BOT を選定し、活用プランを提案するというもの。IMJでは初期導入後はレポーティングを行いながら、自社サービスや人工知能アルゴリズムなどの進化に合わせて段階的に BOT を通じた顧客体験の向上を進めていくアプローチを支援するとしている。

OWNED BOTの設計フレーム。

OWNED BOTの設計フレーム。

同社では、第一弾として自社のオウンド BOT である「デジマケ診断 BOT」を開発・リリースし、企業のデジタルマーケティングの相談を Facebook Messenger 上のチャット BOT で受け付けるサービスも開始した。

「デジマケ診断 BOT」のキャラクター。

「デジマケ診断 BOT」のキャラクター。

今後は、ソフトバンクロボティクスが開発・提供する人型ロボット「Pepper」や Amazon Echoなどのサービス開発・拡張も視野に入れている。

Follow Us