旅をインセンティブにした新たな販促アイデア募集!〜カード型旅行券「JTBトラベルギフト」活用プロジェクト開始

share

“体験”重視の消費行動が顕著な日本市場。JTBと『販促会議』は、体験型消費の代名詞、「旅行」をインセンティブとした新しい販促アイデアの募集を始める。

新たな旅行体験 プロモーションにどう生かす?!

jtb-1

旅行のプロモーション活用の要素としてまず挙げられるのは、旅マエに旅行者が感じる「高揚感」だ。「どこに行こうと考えるワクワク感」を活用すれば、旅ナカでの体験に「没入」しやすくなり、より相乗効果が見込まれるはずだ。

もうひとつは、旅行先で得られる体験と、商品やサービスのブランド体験をマッチさせることだ。例えば「雲海」が目玉の観光地。その光景自体はネットでも見られるが、その場で自分が写真を撮り、光景の一部になる体験は、その場でしかできない。それはカメラが持つ商品体験そのものではないか。

消費者が「目的」を達するツールとして、「旅での体験、思い出」を活用できるかという視点でプロモーションをプランニングすることが、旅行がインセンティブになるかどうかの分かれ目だ。

モニターには総額100万円分を提供 企画応募締め切りは9月30日

趣味・嗜好が多様化した日本の消費者向けに、対象者全員が喜んでもらえるキャンペーンギフト、ノベルティのアイデアはなかなか思い浮かばないもの…。

JTBでは、そうした販促担当者の悩みに応え、カード型旅行券「JTBトラベルギフト」のプロモーション、ノベルティ利用を促進している。

受け取った消費者が自分の好きな「体験」をつくれる旅行券は、業種・業態を問わず、企業の販促の場で活用が期待される。

そこでJTBは8月1日、「JTBトラベルギフト」の新たな販促アイデアを募ることを目的に、『販促会議』読者を対象にモニター企業の募集を開始した。

「JTBトラベルギフト」は、5000円〜50万円のチャージ額に応じて、全国のJTBグループ店鋪やJTBのWebサイトで、
1円単位で旅行代金の支払いに使えるカード型旅行券だ。紙型旅行券と異なり、券面を自由にデザインし、企業や商品・サービスロゴ、グラフィックを配することもできる。

行き先は受け取った人の思いのまま。旅マエに「どこに行こう」と考える時間から、旅ナカの「体験」、「感動」、旅アトにも残る「思い出」といった、人の機微に寄り添い、贈り手の想いも伝えられるカード型旅行券「JTBトラベルギフト」の特性を、ぜひ斬新な切り口でプロモーションに生かしてほしい。

次ページ 「旅行の「体験」がブランド強化に寄与する!」へ続く

問い合わせアドレス:jtb-travelgift@sendenkaigi.com
カード型旅行券「JTBトラベルギフト」:http://www.jtb.co.jp/gift/travelgift/

Follow Us