メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

日本広報学会、新時代の国際広報をテーマに研究発表全国大会 10月29日、30日に北海道大学で開催

share

4つのシンポジウム開催

日本広報学会の第22回研究発表全国大会が、10月29日と30日、北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院(札幌市北区)で開かれる。「新時代の国際広報」を統一論題に、国際広報や観光地PR、CSRなどをテーマにしたシンポジウムを予定している。

大会が開かれる北海道大学のイチョウ並木

インバウンド需要の拡大や2020年東京オリンピックの開催などを背景に、一部のグローバル企業にとどまらず中小企業や官公庁・公的機関、地方自治体などにとっても国際広報の重要性が増してきている。また、対日投資の低調などを背景に、積極的な国外への発信が求められていることも今回のテーマ設定の背景にあるという。

会期中のシンポジウムは以下の通り(会場は北海道大学情報教育館)。

《統一論題シンポジウム》「日本の広報:その普遍性と特殊性」
10月29日(土)13:00~15:20
〈登壇者〉アンスガール・ゼルファス(ドイツ・ライプチヒ大学教授)
〈報告者〉国枝智樹(大正大学表現学部表現文化学科助教)/山村公一(早稲田大学環境エネルギー技術総合研究所客員上級研究員)/和田仁(東京国際大学国際関係学部教授)/山田澤明(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院教授)/中居隆(プラスアルファ・コンサルティング)
〈ディスカッサント〉宮部潤一郎(北海道大学メディア・コミュニケーション研究院研究員)

《記念シンポジウム》「地方からのデスティネーションPR」
10月30日(日)13:00~15:00
〈パネリスト・問題提起〉内田純一(小樽商科大学ビジネススクール准教授)
〈パネリスト〉原田亜紀(JTB北海道札幌法人事業部)/佐藤真一(バリュークリエーション代表取締役)
〈司会〉辻本篤(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院准教授)

《ポスト・カンファレンス・シンポジウム》「北海道CSRの現状と課題」
10月30日(日)16:00~18:00
〈パネリスト〉北海道CSR研究会活動企業2社/駒橋恵子(東京経済大学コミュニケーション学部教授)
〈コーディネイト〉伊藤直哉(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院教授)

このほか、大会と連携したシンポジウムを前日に市内ホテルで行う。

《研究発表大会連携プレ・カンファレンス・シンポジウム》「地方創生と国際化」
10月28日(金)13:30~16:30
会場:札幌グランドホテル(札幌市中央区)
〈基調講演〉米沢則寿(帯広市長)
〈パネリスト〉ブレット・クーパー(オーストラリア公使)/片山健也(ニセコ町長)/藤田直志(日本航空 代表取締役副社長)/高橋秀行(ステート・ストリート信託銀行 取締役会長)/上條典夫(電通執行役員)/志子田徹(北海道新聞社 東京支社報道センター次長)
〈コメンテーター〉小林英俊(北海道大学観光学高等研究センター客員教授)
〈コーディネイト〉山田澤明(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院教授)

研究大会の全プログラムには、学会員でなくても当日参加可能(大会会費6000円、
29日開催の懇親会6000円)。

Follow Us