「平成の薩長土肥連合」4県が全日空とタイアップ

share

鹿児島県と山口県、高知県、佐賀県は8月29日、「平成の薩長土肥連合情報発信会」を明治記念館(東京・港)にて開催。4県の知事が県を代表する偉人に扮してPRを行ったほか、全日本空輸とのタイアップ企画も発表した。

全日空とのタイアップ企画では、2016年度中に機内誌『翼の王国』に4県の観光スポットや幕末・維新に関連した記事を掲載するほか、国内線機内や羽田空港内にある大型液晶ビジョンで各県のCMを放映する。
また、2017年度からは「名称付き航空券」(仮称)を発売する予定。全日空の志岐隆史常務執行役員は「年内には内容を発表し発売まで目指しつつ、来春から使用できるようにしたい」と語った。

このほか、三反園訓知事(鹿児島県)、村岡嗣政知事(山口県)、尾崎正直知事(高知県)、山口祥義知事(佐賀県)が、坂本龍馬・お龍が初めて行ったとされる「日本人初の新婚旅行150年」をテーマに、各県の観光名所などのアピールも行った。

「平成の薩長土肥連合」は幕末・維新をテーマに2015年8月に発足。広域ルート形成、観光プロモーション、共同イベント開催、旅行商品造成などに取り組み、明治維新150年となる2018年に向けて観光需要の拡大を目指している。

Follow Us