メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

「Locari」の人気記事に見るユーザーのライフスタイルと意識

share

仕事にプライベートに忙しい毎日を過ごす女性に向け、日常に彩りを提供する情報を届けるライフスタイル提案メディア「Locari(ロカリ)」。真摯な姿勢でユーザーニーズに応え続けてきた、「Locari」を見ると、25歳以上の“オトナ女子 ”の意識が見えてくる。

半数は既婚者、子供ありが4割 25歳以上のオトナ女子が支持

ws-1

今すぐ試せるお手軽情報を楽しめるメディアアプリ「Locari」。25歳以上のオトナ女子から支持を集め、1年強で1億PVを達成。今も、成長を続けている。

ユーザーの半数は働く女性。同様に半数が既婚で4割が子供を持つという「Locari」ユーザーは、仕事にプライベートに忙しい毎日を送っている女性たち。そんな「Locari」のユーザーは、ミーハーにトレンドを追いかけるのではなく、自然体で無理をせず手軽に実践できるライフスタイル情報へのニーズが強い。

「Locari」を運営するWondershakeの内藤皓子氏は、そのユーザー像を「無理せず、きれいにかわいくなれるライフスタイル情報を求めている人」と説明。同社が、「リラックスさん」と呼ぶ、そのユーザーペルソナは、「Locari」自体のメディアの独自性につながっている。

「Locari」では開始以来、ユーザーの反応を基に、コンテンツの内容や配信方法を進化させ続けてきた。それだけに「Locari」からは、25歳以上のオトナ女子である「リラックスさん」のライフスタイル意識の今が見えてくる。

「現在のカテゴリー数は13個。このカテゴリーは固定ではなく、記事に対する反応を見ながら柔軟に変えています」と内藤氏。例えば、最近できたカテゴリーが「100yen」。ライフスタイルに関する記事の中でも「プチプラ」や、「100均アイテムで作れるDIY」といったキーワードが入った記事が人気を集めていることに注目した。

過去には、削除したカテゴリーもある。「子育て」カテゴリーもその一つだ。「子育て中のユーザーさんにヒアリングしたところ、子どもを幼稚園に送り出した後や、家事がひと段落した後のリラックスタイムに『Locari』を見ているという声が多く集まりました」(内藤氏)。

ws-2

子育て中の女性にとって育児は「ON」の時間。ユーザーが「Locari」に求めていたものは「OFFの時間を過ごす私」が欲しい情報だったのである。

そう考えると、働く女性がユーザーの半数を占めるにもかかわらず、「Locari」の中に「仕事」というカテゴリーがないことも頷ける。

カテゴリー以外の観点でも、個別記事への反応からユーザーの意識を探ることができる。「競合する他の女性向けメディアにもある『ファッション』、『ヘアスタイル』『美容』といった定番カテゴリーの中でも、『Locari』では人気になる記事のタイプが違います。ユーザー属性がそこに表れているなと感じています」(内藤氏)。

他媒体のファッション関連の記事でよく目にするのは「最新トレンド」や「完璧コーデ」といった特別感のあるキーワード。一方で「Locari」では「プチプラコーデ」や「着回し1week」といった日常を重視したキーワードが人気記事の上位を占める。

「美容」のカテゴリーでも同様の傾向が見える。他では「2016年のトレンドコスメはこれだ!」といった訴求が多いのに対して、「1週間で実感!」「1分でできる」「面倒くさがりさんのための」といったキーワードがユーザーに刺さっている。

「ダイエットも同じで、『ずぼら女子でも大丈夫』や、『1日10秒で痩せられる』といった、頑張りすぎない提案をユーザーが求めていると思います。ライフスタイルに関する記事でも、それにかかる金額や分数、秒数といった細かい数字が出ているものも、よく読まれる傾向にありますね」(内藤氏)。

無理して背伸びをするよりも、実用性を重視する「リラックスさん」ならではの意識だ。

次ページ 「ユーザーを知り尽くした編集部がタイアップコンテンツを制作」へ続く



お問い合わせ
株式会社Wondershake
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-1-71 KN代官山7階A
URL:http://wondershake.com/
Email:ads@wondershake.com

Follow Us