IT企業は多様な働き方に寛容的!? パパの家事・育児 — はてな

share

【前回記事】「時短で働くママと育休を取ったパパに聞く!子育てしながら働くこと」はこちら

クリエイティブを一生の仕事にしたいと考える人に、今後のキャリアを支援するプロジェクト「しゅふクリ・ママクリ」。今回は「はてな」に訪問しました。取材対応してくれたのは高野政法さんと松田正憲さん。いつもの取材とは違って男性二人にお話を伺いました。IT業界における男性の家事・育児事情や、会社の制度についてお聞きします。

—はじめに自己紹介をお願いします。

はてなの高野政法さん(左)と松田正憲さん

高野: ビジネス開発本部、営業部長の高野です。「はてなブログMedia」というCMSやネイティブアドの開発・販売を担当しています。もうすぐ3歳になる娘がいます。

松田:コーポレート本部人事・総務部長の松田です。上場準備をする頃から、はてなに関わっています。4歳の娘と、2歳の息子がいます。

—お二人に、家事・育児への関わり方についてお伺いします。

松田:私は、朝6時30分くらいに起きて、お風呂を掃除します。そのあと、子どもを7時に起こし、着替えさせたり遊んだりして、朝ごはんを食べさせます。子どもがご飯を食べながらテレビを見ている間に、私は出社の準備をして、9時までに保育園へ出発して、10時に出社するといったように朝は忙しいです。夜は、子どもができてからは早く帰るようになりました。妻が栄養士ということもあって、ご飯をつくってもらっていますが、それ以外の掃除や洗濯、子どもの準備などは僕も担当しています。

高野: 僕も朝は6時50分には起きています。それから朝ごはんをつくって子どもに食べさせて、8時半までには保育園につれて行き、10時に出社します。夜は、できるだけ20時までには会社を出るようにしています。帰ってくると子どもは寝ていますが、洗濯物を干したりします。基本的に食事は僕が全部つくってますね。

—お二人とも大活躍ですね!

高野: 寝かしつけだけでも相当大変ですから、母親のほうが大変ですよ。僕はできる範囲でご飯をつくったり、妻が出かけたいときに子どもの面倒を見たりして、彼女の負担を減らすくらいのものです。共働きですから、協力しながら。ちなみに妻は、1時間だけ時短の9時半から17時半までの勤務時間で働いています。

松田:僕も同じような感じです。やっぱり子どもは母親の方が好きですから、男はできる範囲で手伝うことしかできないです。うちの妻も働いていますね。契約社員で、週3日出社して、週2日は在宅ワークです。

—家事・育児に積極的なお二人ですが、育休は取得されたのでしょうか?

高野: 子どもができたときは、はてなに入社して一番忙しい時期だったこともあり、育休のことはまったく頭に浮かばなかったです。ちょうど商品としてできたCMSが初めて導入されるときだったんですよね。今なら、男性の育児参加の大事さも理解していますし、子どもができた部下に対して「ちょっと休んだら?」と言うかもしれませんが。

松田:僕も子どもができたときは、上場準備に追われていて休めませんでした。ただ最近は、他の社員を例に挙げると、男性3人が、1カ月から半年の育休を取得しました。また育休ではないですが、奥さんの都合で保育園のお迎えに行かなければならない男性社員がいて、彼は勤務時間をずらして働いています。朝7時に出社して、夕方には帰っていますね。

—個人の事情に合わせて、柔軟な働き方ができるのですね。

高野: チーム内に信頼関係があるのできちんと引き継ぎをすれば問題ありません。やることをやってきちんと成果を残したり、信頼関係を築いてたりしていれば、突発的に帰らないといけない状況になっても大丈夫です。子育てに限らず、今後は介護などそれぞれ家庭の事情が出てきますからね。僕も子どもが熱を出したときは、早く帰らせてもらったりしていますよ。

—働きやすい環境を支える制度があるのでしょうか?

インタビューの続きは 『しゅふクリ・ママクリ』 へ

高野 政法(たかの・まさのり)
はてな ビジネス開発本部 営業部長

1979年生まれ。 山梨県甲府市出身。 2002年早稲田大学政治経済学部卒。 フリーターなどを経て、(株)アイレップに入社し、営業を3年。その後、(株)はてなに転職し、営業部として6年半勤務。1児の父。

 

松田 光憲(まつだ・みつのり)
はてな コーポレート本部 人事・総務部長

1977年生まれ。 千葉県船橋市出身。 2001年明治大学 理工学部卒。 新卒でSEとして勤務後、2社目の(株)博展で上場準備に携わる。その後、IPOを目指す(株)はてなに入社し、上場準備や社内制度の整備を行う。2児の父。

 

Follow Us