二宮和也出演の日清オイリオ新CM。 「揚げたては、無敵だ。」

share

日清オイリオは5月8日、翌日の9日から放映予定の「新CM 発表会」を開催。同社、代表取締役社長の久野貴久氏から新しいテレビCM「揚げたては、無敵だ。篇」について紹介があったほか、2011年から同社のCMキャラクターを務める二宮和也さんも登場。新CM 撮影時のエピソードやステージ上で調理された“揚げたて”のから揚げ、天ぷら、フライ、とんかつを実食し、“揚げたて”料理の魅力を訴求した。

シンプルな構成で、五感に訴える仕立てに

今回の新CMのコミュニケーションコンセプトは「揚げたては、無敵だ。」。「家庭でつくる揚げ物調理のおいしさや楽しさに改めて気付いていただきたいと、誰もがおいしいと想像できる映像や音の表現を目指した」と代表取締役社長の久野氏は発表会で説明した。

CMでは二宮さんがキッチンに立ち、「日清ヘルシーオフ」で、から揚げをつくる様子が描かれる。鍋に油を“トクトク”と注ぐシーンから始まり、コンロに“ボッ”と火をつけ、“ジュワー”と鶏肉がこんがり揚がっていく。食欲を掻き立てられるような、五感に訴える音が効果的に使われたドキュメンタリーのような構成だ。

実際にから揚げが大好物だと語る二宮さんも、「シンプルなCMだが、シンプルな方が見ている人たちに伝わるものが多いのでは、と撮影監督とも話していた」と撮影を振り返る。

食用油のリーディングカンパニーとして、市場活性化を狙う

創業111年の歴史を持つ同社は、2017年に中期経営計画『OilliO Value Up 2020』をスタート。成長戦略の大きな柱のひとつとして、家庭用食用油市場における新たな価値の創造を定めており、「食用油のリーディングカンパニーとして、食用油のもつおいしさや楽しさ、驚きの健康機能に至るまで、新たな商品を開発し、市場を創造していきたい」と久野社長。

二宮さんが事務所の後輩である、西畑大吾さんと共演をした「かけるオイル」の“鮮度のオイル”シリーズのCM(2017年5月より放映を開始)では、調理の仕上げにオイルをかける、食用油の新しい利用シーンを提案。結果として、フレッシュキープボトルの形状をした「かけるオイル」の4種は、前年比150%を超える成長を達成したという。

同社のCMキャラクターに加え、2015年には食用油のエナジーサポーター広報大使にも就任した二宮さんを味方に、このCMを通じても「日本の食卓に改めて家庭調理のおいしさ、楽しさを呼び起こし食卓の笑顔に貢献するとともに、食用油のリーディングカンパニーとして食用油市場にも新たな動きを促したい」と市場活性化を狙っている。

(写真左から)“揚げたて”と掛けた「無敵の“揚げ盾”」を贈呈された二宮和也さんと、日清オイリオ 代表取締役社長の久野貴久氏。

Follow Us