ADKがPlug and Playなどと組み、新事業開発支援のプロジェクトを始動

share

アサツー ディ・ケイ(以下ADK)は11月1日、テクノロジー×クリエイティブで企業の新事業開発を支援するプロジェクト「SCHEMA(スキーマ)」を始動した。

「SCHEMA」ではAIやブロックチェーン、VR、ゲノム編集など、世の中に浸透しつつあるテクノロジーリソースと広告で培ったクリエイティブ力を掛け合わせ、人々の生活に根ざした事業創造を支援していくとしている。
新事業開発の支援に際しては、同社オリジナルワークショップメソッドである「ADK Power Idea Camp」を組み込む他、テクノロジー領域の専門スキルを持つ社内メンバーとして寺西藍子氏、松田健氏、小塚仁篤氏が参加。その他、外部パートナーとして、ベンチャーキャピタル/アクセラレーターのPlug and Play Japan、デジタルハリウッド大学大学院、DMM.make AKIBA、広尾学園中学校・高等学校が参画する。

Follow Us