マーケティング分野のオールラウンダーを育成する日本盛

share

“価値づくり”が重要な時代 マーケティング思考が必要に

人が資産と言われる広告界。人材育成は、広告界に属する企業に共通する重要課題だ。社員のスキルを伸ばし、成長を続ける企業に人材育成の方針を聞く。

日本盛 商品開発室 課長補佐
髙野将彰氏

日本盛は、1889年(明治22年)に兵庫県西宮市で創業した老舗の酒造メーカーで、日本酒製造が主要事業だ。

同社の商品開発室の髙野氏によると、日本酒業界はピーク時の3割程度まで需要が落ちているという。その理由について髙野氏は「業界のマーケティング努力不足が一要因であり、真摯に受け止めなければならない」と述べる。

「“モノ”をつくれば売れる時代もありましたが、今はそうした市場環境ではありません。お客さまのニーズに基づく“価値づくり”が必要とされていますし、商品のコンセプトづくりの段階から、プロモーションの要素を組み込めるマーケティング思考が必要とされています」(髙野氏)。

創業以来チャレンジ精神を大事にしている同社では、業界初の取り組みや商品開発・販売を多く実施している。

こうした危機感を抱く髙野氏だが、長く業界にいるとこの状況に慣れてしまい、マーケティングについて学ぶ必要性が希薄になってしまう傾向があるという。そうした背景もあり、講座受講は良い刺激や学びとなると考えていた髙野氏だったが、自分から講座や研修を探してきて受講する社員や、ひとつずつ講座を紹介してもその都度の経費の懸念から参加する社員は少なかった。

そこで、宣伝会議の『教育講座3カ月フリーパス』を利用したところ、講座を受けやすくなり、受講を希望する社員が増えたという。「受講した社員からは、学んだ内容を活用しようという声をよく聞き、意識の変化を感じます。関西のため中継講座ですが、落ち着いて聞けますし、質問も受け付けてもらえるので助かっています」。

今後の展望について、「少数で部署を運営しています。だからこそ、まずはマーケティング全般の基本スキルを習得し、幅広い視野と判断力を持ったオールラウンダーを育てる必要があります。その上で個々の特性に合った専門スキルを高めることで、組織力の向上を図りたいです」と語った。

幅広い視野と判断力を持ったオールラウンダー教育のために日本盛さんが利用したのは……
「教育講座3カ月フリーパス」でした

150万円相当の講座が50万円に。対象の講座であれば期間中に講座ごとに1社1名ご受講できます。社内稟議の手間などを圧倒的に簡略化し、社員に実務に生きる最新のセミナーを受講させることができる、メリットが凝縮されたお得なプランです。


<教育講座3カ月フリーパス 概要>
・1つの講座につき、1名様まで、どなたでも派遣いただくことが可能です。
・年間200ある講座の中で、特に担当者に「人気」「必須」のものを厳選しています。
※席数に限りがございますので、お申込受付は先着順となります。


詳細はこちら



株式会社宣伝会議 教育事業部
E-mail:info-educ@sendenkaigi.co.jp

Follow Us