“自然派志向”の化粧水を次世代の女性へ(ウテナ)/販促コンペ・企業オリエンテーション

share

店頭での体験や販売につながる企画を

最後に、過去のプロモーション事例についてお伝えします。

販促と呼べるほどではありませんが、2002年より年に3回「ご愛顧キャンペーン」を実施しております。商品に付いているシールを集めて応募すると、200名さまにアロエ鉢が当たるキャンペーンです。毎回、3000通以上もの応募があります。熱いメッセージをお寄せくださる方も少なくなく、商品への熱量の高さがうかがえます。5年前には、30周年のご愛顧感謝キャンペーンも実施し、プリザーブドフラワーやスキンケアセット、アロエ鉢をプレゼントしました。

また広告施策としては、2015年~2017年には40歳代~60歳代女性を読者に持つ総合誌『家の光』(JA全農グループの家の光協会発行)にて記事タイアップを実施しました。内容は「私のモイスチャー」と題して、愛用者インタビューを実施したものです。

今回の課題をまとめますと、コールドクリームは若年層を中心にユーザーが拡大しておりますが、それ以外の化粧水などブランドは、ユーザーの高齢化、減少傾向が続いています。そこで、次世代の女性にモイスチャー化粧水をお使いいただくための企画を募集します。

企画は顧客目線であれば、真面目なものからユニークなものまで自由な発想でご提案をお願いします。全国のドラッグストアやスーパーなど全国で2万店を超える店舗で取り扱っており、店頭での販売がメインになりますので、Webやソーシャルメディアで完結するものではなく、店頭での体験や販売につながる企画でお願いします。予算は1000万円程度を想定しています。

また、参考までに他社のロングセラー商品の成功事例をみても、ブランド全体をリバイバルするのではなく、強みのある商品1つに絞る傾向があると考えます。今回は特に、化粧水であれば、商品を限定はしていないのですが、モイスチャーブランドでいうと、「ふきとり化粧品」に可能性を感じています。

ウテナの課題詳細ページはこちら
第11回販促コンペ公式サイトはこちら

Follow Us