Supershipホールディングスがテレ朝など4社とデジタル動画広告配信事業の合弁会社を設立

share

Supershipホールディングスは5月14日、テレビ朝日、サイバーエージェント、電通、博報堂DYメディアパートナーズの4社の計5社で放送事業者によるデジタル動画広告配信事業を行う合弁会社を設立したと発表した。5社の持ち株比率は以下の通り。テレビ朝日(54%)、Supershipホールディングス(20%)サイバーエージェント(10%)、電通(8%)、博報堂DYメディアパートナーズ(8%)。

合弁会社の設立は2019年5月24日を予定しており、テレビ朝日の連結子会社となる。国内の放送局が独自にデジタル動画広告配信プラットフォームを本格的に構築・運用するのは日本国内の放送業界において初めての試みという。

テレビ朝日、サイバーエージェントはメディアビジネスで培った資産・知見を持ち寄り、SupershipホールディングスはテクノロジーとDMPを提供、電通と博報堂DYメディアパートナーズは広告のセールス面で支援をしていく予定。

設立当初は、まずテレビ朝日の無料広告型見逃し配信サービス「テレ朝キャッチアップ」の広告枠と、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同運営する「AbemaTV」の一部広告枠で配信を手掛けるが、他のデジタルメディア等にもプラットフォームの利用を積極的に呼び掛けていきたいとしている。

Follow Us