『グーネット』でクルマを買いたくなる(プロトコーポレーション)/販促コンペ・企業オリエンテーション

share

6月4日13時まで企画募集中の「第11回販促コンペ」。このほど実施された課題協賛企業のオリエンテーションから、一部を編集部がピックアップ。ここでしか読めない、よりくわしい内容をお伝えしていきます。

今回はプロトコーポレーションから「クルマ購入検討者が『グーネット』に飛びつくようなぶっとんだ企画」という課題のオリエンテーションです。(課題詳細ページはこちら

企画のテーマは「わくわく」「楽しい」「ぶっとび」

初めに、当社の課題についてご説明します。今回の目的は「『グーネット』を使ってクルマを購入してもらう」ことです。ターゲットはクルマの購入を考えているすべてのお客さまで、性別年代は問いません。

クルマの購入、検討の際には、ネットで検索する、販売店やディーラーに行くなど、特に決まった方法はないと思います。そこで、今回は販促コンペを通じて、「『グーネット』でクルマを買おう!」と思っていただけるようにしたいと思っています。

わくわく、楽しい、ぶっとびがキーワードとなり、クルマ情報のポータルサイトである『グーネット』がムーブメントを起こせる企画を募集します。

ポイントとしては、クルマの購入を検討しているお客さまの中で、『グーネット』が真っ先に想起されるブランドとなり、更にクルマの購入に結びつくような企画であるということです。また、CMなどマスメディアを使用する企画や、飲食とのコラボはNGです。固定概念や既成事実にとらわれない企画をお待ちしております。

次に、当社と事業についてご説明します。当社は名古屋で創業し、42年めを迎える企業です。ことし3月25日には東証・ジャスダック市場から、東証一部市場に市場変更しました。先ほどご説明した課題の中に「楽しい」というキーワードを入れておりますが、これは当社の経営理念から来ています。

当社の自動車関連事業領域は1977年、日本の中古車情報誌の先駆けとなるクルマ情報誌、月刊『中古車通信』を名古屋で創刊したことが始まりです。1992年には「月刊『Goo』」に名称を変更し、全国へ展開を始め、1996年にはインターネットによる中古車情報サービス『Goo-net』(現、『グーネット』)を開始しました。

自動車関連情報分野では、メインとなるクルマ情報誌『グー』、クルマ・ポータルサイト『グーネット』のほか、輸入車専門の『グーワールド』や、Webでは、バイク、パーツ、買取の情報サイトも展開しています。また、生活関連情報分野として、趣味・資格のスクール情報検索サイトの『グースクール』もございます。

『グーネット』のビジネスモデルは、クルマを売りたいと思っている販売店さまとクルマを買いたいユーザーさまのマッチング行うものです。販売店さまには広告掲載料などをいただき、車両情報をまとめて掲載し、それを見たユーザーさまから販売店さまに来店・問い合わせをするといった流れになっています。

『グーネット』について サービスは好調

それでは、今回の課題である『グーネット』についてご説明します。『グーネット』は全国で約40万台以上クルマ情報を掲載しており、クルマ情報のポータルサイトとしては、最大の規模を誇っています。新車のカタログや保険の見積もりなど、かゆいところに手の届くサービスが満載です。

また、クルマの購入情報だけではなく、クルマに関する総合的な情報を掲載しています。さらに、『グーネット』はアプリでも展開しており、累計300万ダウンロード以上をいただいております。特徴としましては、販売店さまへユーザーレビューが31万件以上あることや、車両情報を掲載する際も、最大80枚以上の写真を登録できるため、Web上でも安心してクルマ選びをしていただけます。

現在、『グーネット』の一押しサービスとして、「オンライン予約機能」と「グー鑑定」があります。「オンライン予約機能」は、他のクルマ情報サイトにはない独自サービスで、販売店さまへの来店予約ができます。『グーネット』の利用ユーザーは大多数が男性ユーザーであるのに対し、「オンライン予約機能」は女性の利用が多い傾向があります。

「グー鑑定」は、第三者機関のプロの鑑定師によりチェックを行い、中古車の車両状態を開示するサービスです。クルマ業界全体が厳しい中、『グーネット』の掲載店舗数、掲載台数ともに昨年同月比109%の成長となっており、好調です。

他社との差別化が大きな課題 『グーネット』ならではの企画を

現在の課題は利用ユーザーの評価は高いものの、他社サイトと差別化が難しい点です。

最後になりますが、報道等でご存知のとおり、クルマ業界は大変革期を迎えております。消費税増税等による維持費高騰や若年層のクルマ離れ、また、カーシェリングや、ライドシェアなどのサービスの登場で、クルマの所有に対する魅力が次第に薄れてきており、ユーザーの関心も専有から共有へと首都圏を中心として変化をしてきております。

このような時代だからこそ、多くのユーザーにクルマを所有する喜びを感じていただきたいと思っております。クルマを『グーネット』で買いたくなるような斬新なアイデアをお待ちしております。

 

プロトコーポレーションの課題詳細ページはこちら
第11回販促コンペ公式サイトはこちら

Follow Us