世界20カ国の若年層調査から浮かび上がった「リミックス・カルチュラリスト」とは?

share

インターパブリック・グループのグローバルメディアグループのIPGメディアブランズは、フラッグシップメディアエージェンシーのひとつであるUMジャパンが世界規模で実施しているソーシャルメディアの利用状況調査「Wave(ウェーブ)」の2018年度版第10回レポート「Wave X(テン)」を発表した。

「どの国の文化が現在のご自身のスタイルや好みに影響を与えていますか」という質問に対する回答の国別のランキング。紫色が18~34歳、赤色が35~54歳。18~34歳では、アメリカやフランス、イタリア、スペイン、メキシコ、ロシア、中国、韓国で日本が3位以内にランクインした。

「Wave」は、世界各国のインターネットユーザーのソーシャルメディア利用実態や今後のトレンドを予測することを目的に、2006年から世界中のアクティブインターネットユーザーを対象に行われている調査。

今回発表となったWave Xは、2018年に世界81カ国、5万6000人を対象に、「文化とトレンドの力を紐解く」をテーマに「文化が人々のアイデンティティに与える影響」について調査したもの。その結果、ソーシャルメディアの影響により18~34歳の若年層が「異なる時代や国の文化から新しい文化を生み出す」担い手となっていることがわかった。

Wave Xグローバルレポートの著者であるIPGメディアブランズ・マーケティングサイエンスのヘッドのグレン・パーカー氏は「かつて18~34歳の若者を“ミレニアルズ”と呼んだが、これは彼らを世代でくくっただけにすぎなかった。彼らの本当の特徴とは異なる文化を取り入れ、新しい文化を生み出すことにある。我々は彼らのこの思考形態を“リミックス・カルチャー”と呼ぶことにした」と説明。

「リミックス・カルチュラリスト」とは、未来をつくるためには、自分自身が未来を象徴する存在であろうと考える人たちのことで、各々が自分の主義に従って生きているという。

また、日本に注目すると、ソーシャルメディアを利用した文化交流が進む中で、日本文化が多くの国に影響を与えていることもわかった。「自身のスタイルや好みに影響を与えた国」に関する質問で、世界20カ国の18~34歳の若年層において、日本が上位3位以内に入るという結果。

Follow Us