事業部と広報の連携強化で積極的な情報発信を可能に インテックの人材戦略

share

人が資産と言われる広告界。人材育成は、広告界に属する企業に共通する重要課題だ。社員のスキルを伸ばし、成長を続ける企業に人材育成の方針を聞く。

事業戦略推進本部 事業推進部 副参事 泉 善司氏(右)、
事業戦略推進本部 事業推進部(広報担当) 千葉亜希子氏(左)

マーケティングや広報を強化 外部の講座が社内の活性化に

インテックは1964年に創業、ICT技術の研究・開発からアウトソーシングまでの一貫した「ビジネス領域」をトータルソリューションとして提供している。

同社では外部への効果的な発信や事業と広報の連携を目的に昨年、組織体制を変更。全社の事業戦略を立ち上げる部門として事業戦略推進本部を設立したほか、各本部内にも事業推進部を設けた。後者は各本部が持つソリューションの販促を担っており、販売の新しい販促手法を考え、実行する部門だ。

事業戦略推進本部の千葉氏は、「組織変更直後は、これまでにマーケティングや広報に携わったことのある部員が少なかったため、具体的に何をすべきかわからないという声が多くありました。

そこで、マーケティングに必要なスキルや外部に何を発信すべきかという業界の情報を身につけてもらうため『宣伝会議 スタンダードトレーニング』の受講を決めました。2期受講していますが、前半は事業戦略推進本部が受講し、そこで良かった講座を後半の現在、各本部の事業推進部に受講してもらっています」と語る。

各本部によってスキルや意識のレベルにばらつきもあったため、部門内の標準化を図る上でも講座は有効に機能したという。

最前線で活躍する実務家が講師 実務に生きるノウハウが魅力

同社が年2回発行している広報誌の最新号。これまでは創業の地である富山の風景を表紙に使っていたが、創業55周年を迎えて表紙とロゴを刷新。サービスやソリューションをより深く理解してもらえるよう、内容に合わせたイラストとステークホルダーの皆さまとつながっていることを表現するロゴデザインに。

同部の泉氏は、「講師陣が最前線で実務に携わっている方なので、本の知識と違い、実務に即したアドバイスを受けられるのが魅力だと感じています。これが宣伝会議さんの講座の強みだと思います」と話す。

今後について、千葉氏は「外部の講座を受講することで、各本部の事業推進部に、どのような観点を持ってマーケティングや外部発信すべきか学んでもらっています。

事業戦略推進本部から働きかけつつ、受講した人からも『積極的な発信や新しいマーケティング手法に挑戦したい』と相談を受けることも増え、相乗効果で様々な取り組みをしていきたいと考えています」と語った。

マーケティングや広報の強化のために、インテックさんが受講したのは……
「宣伝会議 スタンダードトレーニング」でした。
 
150万円相当の講座が50万円に。対象の講座であれば期間中に講座ごとに1社1名ご受講できるお得なプランです。社内稟議の手間などを圧倒的に簡略化し、社員に実務に生きる最新のセミナーを受講させることができます。
 
<宣伝会議 スタンダードトレーニング 概要>
・1つの講座につき、1名様までどなたでも派遣いただくことが可能です。
・年間200ある講座の中で、特に担当者に「人気」「必須」のものを厳選しています。
※席数に限りがございますので、お申込み受付は先着順となります。

 
詳細はこちら
 
株式会社宣伝会議 教育事業部
E-mail:info-educ@sendenkaigi.co.jp
TEL:03-3475-3030
FAX:03-3475-3033
受付時間:9:00-18:00(土・日・祝除く/FAXは24時間受付)

Follow Us