博報堂、シェアリングサービスの新会社LossLess設立

share

博報堂DYホールディングス傘下の出資目的子会社であるAD plus VENTUREは、シェアリングサービスを提供する新会社、LossLessを9月26日付で設立した。

同社は、昨今のサブスクリプションサービス市場において、「必要なモノを借りる」レンタル領域を対象としたサブスクリプションサービスがまだ少ないことに着目。

設立に際し、LossLessは今秋を目処に新コンセプトの取り出し専用トランクルーム「ペンギンストレージ」を立ち上げることを発表。「部屋や収納にあるすべてのモノをクラウド化する」ことをビジョンとする同サービスは、様々なアイテムがすでに格納された倉庫を月額500円で利用できるというもの。

「ペンギンストレージ」によって、所有、収納、メンテナンス、処分など「モノを持ち続ける」際に付随するあらゆる行為のアウトソーシングを可能にし、生活者が求める“持たないスマートな暮らし”を支援する。

2019年11月ごろに同サービスのティザーサイトがオープン予定で、2020年春に本格サービス開始を目指す。

Follow Us