「PRアワード」グランプリは大阪府住宅供給公社、団地の過疎化解決に将来性

share

日本パブリックリレーションズ協会は4日、企業や団体の優れたPR活動を顕彰する2019年度「PRアワードグランプリ」の受賞作品を発表した。グランプリには、大阪府住宅供給公社の「『住民との共創』で、衰退していた団地の未来を変えていく。『茶山台団地』再生プロジェクト」(オズマピーアール)が選ばれた。

同プロジェクトは2016年にスタート。堺市南区の大規模団地「茶山台団地」の若者離れによる入居者減少や、住民の高齢化などの課題解決に取り組んだもの。共創型の団地再生として住民との対話を重ね、独自の解決策を企画した。4年間の活動の結果、若年層の新規入居割合の増加、入居率の上昇などの成果が出ている。団地の過疎化は日本各地で起きている問題であり、全国へ同様の取り組みが広がっていくであろう将来性と拡張性が高く評価された。

今回の応募総数は75点。審査委員長は井口理氏(電通パブリックリレーションズ)が務め、9人の審査員が審査にあたった。

各賞は以下の通り。

<グランプリ>

■「住民との共創」で、衰退していた団地の未来を変えていく。
「茶山台団地」再生プロジェクト

エントリー会社:大阪府住宅供給公社/オズマピーアール
事業主体:大阪府住宅供給公社
応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション

 

<ゴールド>

■埼玉西武ライオンズ×英国オックスフォード大学
「SAVE LIONS(セーブライオンズ) ~消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト~」

エントリー会社:電通/電通パブリックリレーションズ
事業主体:西武ライオンズ
応募カテゴリー:ソーシャルグッド

 

■パンテーン「#この髪どうしてダメですか」
エントリー会社:マテリアル
事業主体:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
応募カテゴリー:ソーシャルグッド

 

<シルバー>

■最新のAIテクノロジーを活用、
親子が楽しく食や栄養について学べるアプリを通じた食育活動

エントリー会社:大塚製薬
事業主体:大塚製薬
応募カテゴリー:ソーシャルグッド

 

■不倫・BL・ひきこもり…“複雑すぎる”ペンギン相関図
エントリー会社:電通
事業主体:オリックス不動産
応募カテゴリー:マーケティング・コミュニケーション

■社会人のための飲み会平和化プロジェクト「チーム“ビール”ディング」
エントリー会社:電通/電通パブリックリレーションズ/電通デジタル
事業主体:ヤッホーブルーイング
応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション

 

■資生堂 AgDEO24(エージーデオ24):
「ストレス臭」でコモディティ化した制汗剤市場を新規開拓!

エントリー会社:電通/電通パブリックリレーションズ
事業主体:資生堂ジャパン
応募カテゴリー:マーケティング・コミュニケーション

 

<ブロンズ>

■Yahoo!防災ダイバーシティ
エントリー会社:電通
事業主体:ヤフー
応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション

■20年をつづる母子健康手帳 国内外への展開
エントリー会社・事業主体:親子健康手帳普及協会
応募カテゴリー:ソーシャルグッド

■洗っても蘇るイヤなニオイ「ゾンビ臭」をやっつけろ!「トップ クリアリキッド抗菌」
エントリー会社:電通/電通パブリックリレーションズ
事業主体:ライオン
応募カテゴリー:マーケティング・コミュニケーション

■若年層ファン化/社会問題の喚起へとつなげる、B2B企業の挑戦「LOVE米プロジェクト」
エントリー会社:電通/電通パブリックリレーションズ
事業主体:クボタ
応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション

■モバイルキャリアが現代ティーンに投げかけたコンテンツPRキャンペーン
「パラレルスクールDAYS」

エントリー会社:博報堂ケトル
事業主体:ソフトバンク
応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション

■たべることば
エントリー会社:電通
事業主体:フレーベル館
応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション

■くら寿司「天然魚プロジェクト」の挑戦
~サスティナブルな漁業のビジネスシステム構築を目指して~

エントリー会社:電通パブリックリレーションズ/アド電通大阪
事業主体:くら寿司
応募カテゴリー:ソーシャルグッド

■PARA PINGPONG TABLE
エントリー会社:TBWA\HAKUHODO
事業主体:日本肢体不自由者卓球協会
応募カテゴリー:ソーシャルグッド

Follow Us