データ分析力を身につけて社内における施策の説得力を高める エイベックス・エンタテインメントの人材戦略

share

人が資産と言われる広告界。人材育成は、広告界に属する企業に共通する重要課題だ。社員のスキルを伸ばし、成長を続ける企業に人材育成の方針を聞く。

エイベックス・エンタテインメント
ビジネスアライアンス本部コンテンツセールスグループ 配信戦略マーケティングユニット マネージャー 河角直幸氏

複数人で受講したことで部署全体のレベル底上げに

講座で学んだことが実務でデータを分析する時に役立っている。

エイベックス・エンタテインメントは、エイベックス・グループの中で音楽事業を中心にレーベル、ライヴ、ファンクラブ、MDなどの事業を担う。音楽業界では近年CD販売だけでなくストリーミング配信という販路が増え、売れ行きを伸ばしているが、CDの販売で売上が立った時代とは違い、ストリーミング配信では長期的に楽曲を再生してもらうことがポイントで、より顧客インサイトに基づくマーケティング、分析が重要になってきているという。

同社ビジネスアライアンス本部 コンテンツセールスグループ 配信戦略マーケティングユニットは2018年7月に新しくできた部署で、主にストリーミング配信のデータを分析してA&R(アーティストの発掘・育成や楽曲の制作を行う職種)や宣伝、販促の部署に情報を提供している。

同部の河角氏は、「当初はマーケティングやデータ分析の経験がないスタッフもいたため、データをどのように見て活用していくべきか基礎から学ぶ必要があった」と話す。そこで、宣伝会議の「データマーケター育成講座」を当時6人の部署のうち5人が受講。「ほぼ全員が受講することでダイレクトに講義内容を受け取ることができると考え、課全体のレベルの底上げになりました」。

学んだマーケティングの基礎知識や分析手法は、戦略会議での配信市況分析、アーティストごとのストリーミング動向分析、各DSPの特性深掘り分析などに役立てているという。「データ分析した結果がヒット創出の打ち手となるように分析力を向上させると同時に、他部署にもその結果を実行に移してもらえるように社内推進力も磨いていきたいです」。

今後の展望として、「日本のみならず海外での音楽市場の分析をしながら、マーケティング部門の強化、将来的には他部署の人にもマーケティング思考を浸透させ、日々PDCAを回せる組織を目指したい」と話した。

データ分析力の向上のためにエイベックス・エンタテインメントさんが受講した講座は……
「データマーケター育成講座」でした
 
費用対効果を強く求められる時代、施策についての根拠を示す必要があります。勘、経験、度胸に頼って曖昧に終わらせるのではなく、根拠のあるデータを示していけるマーケターになることが大切です。文系で数値に強くないけれど、データ分析をできるようになりたいと感じている方のための講座です。
 
<次回の開講のご案内>
講義日程:2020年1月30日(木)
開講:全8回
講義会場:東京・南青山
受講定員:30名

 
詳細はこちら
 

株式会社宣伝会議 教育講座本部
E-mail:info-educ@sendenkaigi.co.jp
TEL:03-3475-3030
FAX:03-3475-3033
受付時間:9:00-18:30(土・日・祝除く/FAXは24時間受付)

Follow Us