「JAPAN CMO CLUB」は、次のステージへ —「Year-end Networking Day」で新たな方針が発表に

share

JAPAN CMO CLUBはこちら

参加するマーケターは100社超、6年目に突入!

国内のマーケティング責任者が集う「JAPAN CMO CLUB」は、2019年11月6日で設立6年目に突入した。設立以来、「これからの企業そして経済を牽引するのはマーケティングである」との考えにもとづき、日本の企業や商品、サービスのマーケティングにかかわる実務家を支援し、その活動や成果、社会的役割を国内外に発信してきた。CLUBでは毎年、年末にメンバーが一堂に会する「Year-end Networking Day」を企画してきたが、2019年は12月19日に東京ステーションホテルで開催された。

「Year-end Networking Day」の開催は5回目。今回も東京ステーションホテルで開催された。

CLUBも次のステージへ—マーケターの、マーケターによる、マーケターのための組織を目指す

今回の企画テーマは、「NEXT−次のステージへ」。このテーマには参加者一人ひとりだけでなく、6年目を迎え、JAPAN CMO CLUBも次のステージに向かおうというメッセージが込められている。

CLUBのFounderである加藤希尊氏は「『マーケターの集合知で日本に突き抜けた成長力を生み出す』という設立の趣旨に賛同いただき、5年間で100社を超える企業のマーケターに参加をいただくことができた。CLUB自体が非常に魅力的な資源を有する組織へと成長を遂げることができたと実感している。この資源を生かし、CLUBをより自走する組織にしていきたい。目指すのはマーケターの、マーケターによる、マーケターのためのJAPAN CMO CLUB。産業界を牽引するマーケティングの存在意義、そして社会におけるマーケターの存在価値をさらに高めるような活動や発信を、皆さんとともに考えながら進めていきたい」と話した。

具体的な方向性として、加藤氏は「自走する組織へ」「収益化」「集合知」の3つのテーマを提示しながら、CLUBの次なる展開を説明。この方針をもとに、メンバーとの議論を重ねて新しい展開を具体化していきたいと呼びかけた。

Founderの加藤希尊氏からは、6年目を迎えて、次なる展開を目指す構想が参加者に向けて発表された。

次ページ 「今年で5回目の開催 企業の垣根を越えた交流が深まる場に」へ続く

cmo_banner1222

JAPAN CMO CLUB
https://www.advertimes.com/special/cmoclub/

Follow Us