「LEXUS DESIGN AWARD 2020」入賞6作品が発表に

share

2013年に創設され、今年で8回目の開催となる「LEXUS DESIGN AWARD 2020」の入賞作品6作品が1月29日に発表となった。同賞は、全世界の次世代を担うクリエイターの育成・支援を目的とした国際デザインコンペティションで、今回は世界79カ国/地域から2042点(うち日本国内107点)の応募があった。

入賞作品6作品はファイナリストとして扱われ、入賞者6名は世界の第一線で活躍するジョー・ドーセット氏、ベサン・グレイ氏、フィリップ・マロイン氏、重松象平氏の4名のクリエイターをメンターに、3カ月間にわたって継続的な指導を受けながらプロトタイプを制作する。完成した作品は2020年4月20日にイタリア・ミラノで開催される開催される「ミラノデザインウィーク 2020」のLEXUS会場に展示され、同会場で行われる最終審査を経てグランプリ作品が決定となる。

ファイナリストの6作品は以下の通り。
(作品名/入賞者名)

Bio.Scales/サザーリンサント

空気から炭素やその他の有害な化合物を排除する、バイオポリマーフィルター。3Dプリント技術を採用することで自由な形に再形成することが可能となり、あらゆる生活空間の空気の質を改善する。

Feltscape/テオフィル・ペジュ & サルヴァトーレ・チチェロ

周囲のノイズを吸収し、室内の音響・照明環境をカスタマイズできるオブジェクト。フェルト生地と熱可塑性プラスチックでつくられた雲をイメージしたデザイン。オートクチュールの手法とロボティック3Dプリント技術を組み合わせた革新的な製造工程によってつくられる。

Flash Pak/ヤオクン・ウー

洪水災害発生時に、ハプティックナビゲーションとLEDライトによって生徒たちを避難所へ誘導するスマート救命具。ライフジャケットとしてのみならず、互いに連結することで集団避難行動が可能なライフボートにもなる。

Lick/イリーナ・サモイロワ

猫の舌のように汚れを絡め取るローラーによって、入浴に介護を必要とする人や、入浴できない環境にいる人でも身体を清潔に保つことができるポータブルボディークリーナー。

Open Source Communities/BellTower

低コストで高品質なオープンソースを活用し、スマートホームをはじめとする持続可能なコミュニティデザインの提案によって、発展途上地域の生活水準を改善するプロジェクト。

Pursewit/アクサ・アジマル

より直感的でユニバーサルな操作手順を採用したミシンによって、縫製産業における視覚障がい者の雇用機会・収入源を創出するとともに、地域の経済成長に寄与する。

Follow Us