RaaS(リテール・アズ・ア・サービス)のb8taが日本上陸

share

「サービスとしての小売(RaaS:リテール・アズ・ア・サービス)」と呼ばれるソリューションを提供する米国b8ta(ベータ)は、ベンチャーキャピタルEvolutionVentures(以下エボリューション)と合弁でb8taJapanを設立。2020年夏、新宿マルイ本館、三菱地所が一部保有する有楽町電気ビルへの2店舗同時出店(予定)を皮切りに、日本へ参入する。

丸井グループ、三菱地所、カインズ(順序不同)がそれぞれエボリューションへ出資、凸版印刷も米国b8taへの出資を通じ、日本での新たな小売体験の創出を進める。

RaaSとは、実店舗への出店をより手軽に実現するための包括的なサブスクリプションモデル。店舗運営に必要な従業員の手配、トレーニングやシフト管理、在庫管理、物流サポート、POSは全て付帯サービスとして月額の出品料金に含まれており、また店内で来店者がどのような体験をしたか、を店内に設置したカメラを通じて収集し、ソフトウェアで行動分析が可能になっている。

b8taは2015年に米国サンフランシスコで創業し、RaaSを提供。2020年1月現在、米国内24店舗、ドバイに1店舗を構え、店舗内の区画を様々なブランドに定額で提供。実店舗への出品をオンライン広告の掲載と同程度に手軽にすることをコンセプトに掲げている。

また、2020年夏に開店予定の2店舗を含む日本における事業規模を拡大するために、b8taJapanの代表として北川卓司(きたがわたくじ)氏がカントリーマネージャー就任も発表された。

米国店舗における店内の様子。

Follow Us