2019年動画アプリ利用実態調査、有料動画の市場規模は40%増加の1000万人超

share

ニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)」のデータをもとに、2019年12月の日本の動画アプリの利用実態調査を行い、その結果を1月31日に発表した。

調査の結果、無料動画は2018年12月から6%増加し4886万人、有料動画は40%増加し1170万人となった。無料動画の増加率は1桁にとどまったのに対し、有料動画は増加率が加速し、1000万人を超える規模にまで成長したことが分かる(図表1)。

利用者数を男女別にみると、無料動画アプリは男性が2358万人、女性が2528万人、有料動画アプリは男性が559万人、女性が612万人となり、ともに女性の利用者が多かった。特に有料動画アプリは、昨年までは男性の利用者数が女性と同程度だったのに対し、2019年は女性利用者が急増し、男性を上回った(図表2)。

各動画アプリの利用回数と利用時間は下記の結果となった。(図表3)。

また、有料動画アプリのうち、利用者数の多い上位5サービスの利用時間シェアを男女別に比較すると、男女ともに「Amazon Prime Video」が最も多く、約60%を占めた。2位以降のサービスでは結果が異なり、男性では「U-NEXT」、女性では「Netflix」が2番目に多かった(図表4)。

同社アナリストのコヴァリョヴァ・ソフィヤ氏は、「有料動画サービスは男性を中心に利用されている傾向が強かったものの、ここ数年で女性の割合が半数を超え、市場全体でサービスが浸透してきていることが分かる」と指摘している。

Follow Us