2020年度の広告費予測 ─ 五輪効果で0.3%増の見込み

share

日経広告研究所は2月7日、2020年度(2020年4月~21年3月)の広告費予測を発表。2020年度の広告費は前年度に比べ、0.3%増えるとの予測を出している。

同研究所では媒体別の予測も出している。それによると2020年度のテレビ広告は0.1%の微増。ラジオ広告は全体を押し上げていた法律事務所や中古車販売といった特定業種に勢いがなくなり、2020年度は2.2%減る見込み。新聞広告も五輪効果が期待されるものの、2020年度は5.5%減と、2019年度よりもやや減少率が縮まる程度にとどまる。雑誌広告は9.2%減。

インターネット広告は動画広告が市場をけん引し2020年度の伸びは6.4%と、2019年度の4.0%増から高まる見込み。交通広告は1.6%増と、2020年度も安定した伸びが見込まれるという。

Follow Us