VR空間でeスポーツ観戦 RAGEが新施設をオープン

share

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営するCyberZは3月15日、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日と、VR(バーチャル・リアリティ)技術を活用したeスポーツ専用VR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」β版をオープンする。

施設は、「RAGE」が運営するeスポーツ大会の観戦やイベント参加体験ができるバーチャル施設。クラスター(東京・品川)が提供するバーチャルイベントプラットフォームを活用し、オフライン開催だった「RAGE」を、バーチャル空間で開催できるようにした。

ユーザーは、スマホやPCから「V-RAGE」へアクセスし、eスポーツ観戦やイベント参加が可能になる。また、VRデバイスを使用する事により、実際の会場にいる臨場感とそれを超える新しいeスポーツ体験も味わえる。

オープン当日には「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」の開催も予定している。同大会は、ベルサール渋谷ガーデン(東京・渋谷)にて実施予定だったが、国内における新型コロナウイルス感染症拡大状況を鑑み、会場を変更し無観客試合へと変更した。

また、同日には同会場限定で、M-1グランプリ2019王者「ミルクボーイ」が3Dモデル化され、本大会用のオリジナルネタも披露する予定。

Follow Us