博報堂がインドのデジタルエージェンシー「AdGlobal360」の株式を取得

share

博報堂は、インドのデジタルエージェンシー AdGlobal360 India Pvt. Ltd.(アドグローバル360、本社:デリー、CEO:Rakesh Yadav、以下AGL)の株式を取得した。

AGLは2009年に設立したフルサービスのデジタルエージェンシー。現在約460名のスタッフを擁し、デジタルマーケティング戦略の構築から、クリエイティブ・コンテンツ制作、デジタルメディアのプランニング及びバイイング、ソーシャルメディアの運用、さらにはシステム開発に至るまで、幅広いサービスをワンストップでインド国内外のクライアントに提供している。すでに博報堂グループと協業し、複数のビジネスを実施してきた。

AGLは Deloitte Technology Fast 50 India 2019※において11位、マーケティングテクノロジー企業の中で1位を獲得している。

AGLのCEO Yadav氏は、「博報堂とは4年以上にわたる協業を通じて信頼関係を築いてきました。このたびの戦略的パートナーシップによって博報堂とワンチームとなり、より価値の高い統合マーケテイングソリューションをクライアントに提供することを楽しみにしています」とコメントした。

※世界最大規模の会計事務所、デロイト トウシュ トーマツのインド拠点がテクノロジー分野で急成長を遂げている会社の上位50社をランキングしたもの。

左から、博報堂 海外事業戦略局長 平塚泰俊氏、AGL社 CEO Rakesh Yadav氏、博報堂 執行役員 斎藤真人氏、AGL社 会長 Mandeep Singh氏、博報堂Sync 社長 片岡宏輔氏。

Follow Us