第57回「宣伝会議賞」発表!グランプリは「元彼の目覚ましが、夫を叩き起こし続ける。」

share

過去最高の67万401点からグランプリが選出

3月13日、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムにて行われた第57回「宣伝会議賞」最終審査会を経て、31点のファイナリストの中からグランプリをはじめ眞木準賞、コピーゴールド、CMゴールド、シルバーの各賞が選出されました。

過去最高となる67万401点(一般部門62万4670点、中高生部門4万5731点)の応募作品(コピー・CM)の中から最高賞のグランプリに選ばれたのは、パナソニックの課題「世界No.1長もち乾電池『エボルタNEO』の魅力を伝えるアイデア」に対して応募された「元彼の目覚ましが、夫を叩き起こし続ける。」という笠間 悠さんのキャッチフレーズでした。

【一般部門各賞の受賞作品】(協賛企業名/課題/受賞者名)

<グランプリ>
「元彼の目覚ましが、夫を叩き起こし続ける。」
パナソニック/世界No.1長もち乾電池「エボルタNEO」の魅力を伝えるアイデア/笠間 悠さん

<コピーゴールド>
「残りの人生は、何を検索するかで変わる。」
ヤフー/実家の親にヤフーのサービスやアプリを使ってもらうためのアイデア/竹内 直樹さん

<CMゴールド>
「昔話」篇
語り手:昔々、あるところにお爺さんとお姉さんが住んでいました。
NA:未来が変わる。今日から変わる。エイジングケア「レドナ」
ナチュラルサイエンス/新たに生まれ変わるレドナの魅力を伝えるアイデア/江副 佑輔さん

<眞木準賞>
「日曜日の味がする。」
グルメ杵屋/お子さまを卒業したって、大人だって、もちろんお子さまは食べたくなる、そんなすごいお子さまプレートの魔法の呪文/内波 可菜さん

<シルバー>
「社員全員、グビ」
サントリーコミュニケーションズ/クラフトボスを手に取りたくなるようなアイデア/密山 直也さん

「近頃、働くな改革になってないか。」
サントリーコミュニケーションズ/クラフトボスを手に取りたくなるようなアイデア/岩倉 義則さん

「『今日中』は、今日突然やってくる。」
CBcloud/企業が緊急配送でPickGoを使いたくなるキャッチフレーズ/谷口 泰星さん

「履き慣れた靴は、買えない。」
セメダイン/シューズドクターNを使って、すり減った靴底を直したくなる広告アイデア/竹内 喜紀さん

「『あの流出した会社』で有名にならないために。」
日本情報経済社会推進協会/「プライバシーマーク」を多くの人に知ってもらうためのアイデア/谷 明展さん

「息子に聞くより早いわ。」
ヤフー/実家の親にヤフーのサービスやアプリを使ってもらうためのアイデア/相澤 勇太さん

「ポイントを貰わないってお釣りを受け取らないのと同じ。」
ロイヤリティマーケティング(Ponta)/ポイントっていいな、と思わせるアイデア/大澤 明さん

最終審査員より総評コメント動画を公開!

ご応募いただきました皆さま、ありがとうございました。
最終審査員からの総評コメントを、動画でご覧ください。

 

※当初は3月13日の最終審査会後に開催の贈賞式にて最終審査結果を発表する旨を告知しておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み、贈賞式は中止をいたしました。後日、贈賞パーティーの開催を予定しております。

次回、第58回「宣伝会議賞」は、今年9月1日発売の月刊『宣伝会議』10月号にて発表予定です。

宣伝会議刊行コピーライティング関連書籍のご紹介
●谷山雅計『広告コピーってこう書くんだ!読本
●中村禎『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法
●『コピーライティングとアイデアの発想法 ~クリエイターの思考のスタート地点~ (宣伝会議養成講座シリーズ)

Follow Us