電通、デジタル×テレビで広告効果を最大化させるプロジェクト「デジテレ MAX」を始動

share

電通と電通デジタルは、デジタル広告とテレビ広告の効果を最大化させることを目的としたプロジェクト「デジテレ MAX」を立ち上げたと3月26日、発表した。

「デジテレMAX」のロゴ。

同企画は、2社のデータマーケティング、メディアプランニング、クリエイティブ各部門が連携し、さまざまなノウハウやデータにもとづくPDCAの推進に向けて開始したプロジェクト。

各企業が保有する1stパーティデータに加え、2ndパーティデータやグループ独自の“人”を基点とした統合マーケティングプラットフォーム「People Driven DMP®」などの3rdパーティデータと連携させることで、顧客像をより立体的に可視化し、顧客に応じた施策を実施することができるという。

例えば、519万台のインターネットに結線されたテレビ視聴データから、視聴者ごとの興味関心事を振り分け、個別に適切な広告コンテンツを出し分けるなど、より精緻なマーケティングプラニングを行い、マーケティング ROIを改善するとしている。

「デジテレMAX」の概要図。

Follow Us