女性活躍「なでしこ銘柄」に凸版印刷など7社が初選出

share

経済産業省と東京証券取引所は3月3日、女性活躍推進に優れた上場企業を「なでしこ銘柄」として46社選定した。初選出は、コスモエネルギーホールディングス、熊谷組、協和エクシオ、特種東海製紙、日本精工、凸版印刷、ルネサンスの7社。

なでしこ銘柄は、中長期の企業価値向上を重視する投資家に対して「女性活躍推進」に優れた上場企業を紹介することで、投資を促進する狙いがある。同時に各社の取り組みの加速化も図っている。

選定では、すべての上場企業の中から、企業価値向上を実現するためのダイバーシティ経営に必要とされる取り組みと、その開示状況について評価する。スクリーニング要件は➀女性活躍推進法を踏まえた行動計画の策定(従業員数300人以下の企業を除く)②厚生労働省「女性の活躍推進企業データベース」に女性管理職比率を開示③女性取締役が1人以上、としている。

Follow Us