オリコム、乗車客の属性にあわせた世界初ダイナミックDOOH展開

share

オリコムは、埼玉高速鉄道の車内において、“乗車している人々の属性にあわせた広告を放映する”世界初※1のダイナミックDOOH(Digital Out Of Home)展開を実施した。

放映したのはサッポロビール「サッポロ生ビール黒ラベル」「ヱビスビール」「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」など各商品ブランドの広告。

車内ドア上部4カ所に設置されたビジョンにはカメラとIoT機器が搭載されており、ビジョンの前に立っている人の男女比や年代などを判別し、その属性によって指定した商品の広告がリアルタイムに切り替わる。このデジタルサイネージ「ダイナミックビークルスクリーン」は、ビズライト・テクノロジーが開発した。

2020年3月30日~4月5日までの期間で実施された。

※1 2020年3月30日現在 ビズライト・テクノロジー社調べ

Follow Us