コロナ影響でLINEグループ通話やLINE NEWSのシェア利用が増加

share

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」の利用動向に関するレポートを公開した。臨時休校やリモートワーク、外出自粛などソーシャルディスタンスの傾向が高まった2020年3月と、前月(2020年2月)の利用データを比較した結果を発表した。

3月以降、「LINE」でのグループコミュニケーションでやりとりされるメッセージの総数は前月比で29%、特にグループ通話の利用回数は全世代での利用が増加し前月比で62%増加した。

2020年2月(左)に比べ、2020年3月(右)ではLINEグループトークのテキスト。スタンプ・画像送信数が29%増加した。

LINEグループ通話利用回数も62%増加した。

また、臨時休校の措置がとられてからは、休校の対象となった10代の利用が活性化。スタンプ送信数が前月比全世代で21%増加したのに対し10代は65%増加し、ビデオ通話送信数が全体で34%増加したのに対して10代では80%増加した。

さらに「LINE」の友だちとのコミュニケーション機能だけでなく、「LINE NEWS」の利用も全世代で増加したと発表。各地で外出自粛の措置が取られた3月27~29日には全世代で「LINE NEWS」の利用が急増し、3月のPV数は過去最高の140億超に。「LINE NEWS」の3月の月間アクティブユーザー数が7,100万人超で過去最多となった。また2月末以降、「LINE NEWS」記事のLINEトークへのシェア件数が全世代で増加し、休校要請のあった2月27日には前日比1.5倍記事がシェアされた。

Follow Us