テレワークスキルに関する調査結果、生産性向上を実感した人が使ったツールとは

share

アドビシステムズは、新型コロナウイルスの影響により初めてテレワークに取り組んだビジネスパーソンに対し、テレワークのスキルについて聞いた調査結果を発表した。調査は、都内に勤務し、過去1カ月以内に初めてテレワーク勤務を経験した20~69歳までのビジネスパーソン男女計800名を対象にインターネットで実施した。

「テレワークを効率的に実施するにあたり、あなたはテレワークのためのスキルを身につけていると思いますか?」という質問をしたところ、76.1%の人がビデオ会議やファイル共有などの各種ツールを駆使するための「ITスキル」を身につけていると回答した。また、71.0%の人が会社以外の場所で集中力などを維持するための「自己管理スキル」を、80.3%の人がオンライン上で同僚などとやりとりするための「コミュニケーションスキル」を身につけていると回答した。

テレワークを導入して生産性向上を実感した人と、ITツールを積極的に使ったと回答した人の関係を調べたところ、電子契約サービスや電子署名、ペーパーレス化のためのスキャンツールなどを積極的に利用している人の方が生産性の向上を実感していることがわかった。

また、テレワーク時にITツールなどの使い方で困ったときに、気軽に相談できる人が社内にいるかどうかを聞いたところ、21%の人がいないと回答。年代別傾向で見ると、年代が上がるにつれて相談する人がいないと回答する人が増え、40代以降においては約4人に1人(40代:25%、50代:25.5%)が相談できる人がいないと回答した。

「テレワークスキルに関する調査結果」概要

調査方法:インターネット調査
実施対象:800名<20代200名、30代200名、40代200名、50~60代200名>(都内に勤務し過去1カ月以内にテレワークに初めて取り組んだビジネスパーソン)
調査期間:2020年3月19日~24日

Follow Us