「巣ごもり消費」の7つのタイプ、需要が高まる商品・サービスとは

share

エヌケービーは4月23日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため外出自粛する人が急増していることを背景に、「自宅での消費活動や過ごし方」についてアンケート調査した結果を発表。調査日は4月2日。対象は、全国の20歳代~70歳代(ミルトーク登録者)の男女101名。「巣ごもり消費」と呼ばれる需要とその背景にある消費者のニーズを明らかにすることを目的とした。

調査では、「外出自粛により自宅で過ごす機会が多い中、買って良かったもの、失敗したもの」と「新しく始めたことや初めて利用したサービス・趣味」について質問。

得られた回答からは、家での食事が増えたことによる食品や調理機器、余暇時間を過ごすためのゲーム・本・動画配信サービス、運動不足を解消するための機器・フィットネスプログラムなどさまざまな「巣ごもり消費」が行われていることがわかった。そのほかにも、室内を快適にするための家具、休校措置による学習の遅れをカバーするための学習教材などへの消費についての回答も得られた。

調査の結果、同社は消費の傾向から生活者のニーズや意識を7つのタイプに分類。生活者に対しての分類ではなく消費の分類のため、生活者は複数のタイプを組み合わせた形で「巣ごもり消費」を行っているとした。

7つのタイプ別消費

①おうち時間充実型
自宅での時間を充実させたいというニーズによる消費タイプ。外出自粛をきっかけに、フードデリバリーなどの宅配サービスや動画配信サービスに新規登録するなど、家で利用できるサービスの需要が急騰している。

②エクササイズでストレス発散型
外で体を動かせないことによる運動不足やストレス解消のため、室内でできるエクササイズ関連グッズなどへ消費を行うタイプ。エクササイズやストレッチ、筋トレの際には、オンライン動画を参考にするほか、運動系ゲームソフト、エクササイズDVDなどの活用も見られる。

③趣味に没頭エンジョイ型
自宅でゲームや読書などインドア系の趣味に没頭する消費タイプ。一人で楽しむだけではなく、ゲームなどオンラインプレイで、親子や友人とコミュニケーションが取りながら楽しむ人も多い。

④趣味&実益を兼ねた手作り型
趣味と実益を合わせた手作りを楽しむタイプ。手芸用品や普段は使わないスパイスといった材料の需要も増加。

⑤自己投資・スキルアップ型
自由に使える時間が増えたことで、スキルアップのために、本やオンライン講座などに投資する消費タイプ。テレワークの推進などの労働環境の変化によって、自身のキャリアを見つめ直す人も。

⑥自分見つめなおし型
断捨離や部屋の片づけなど、自分の生活を見つめ直すタイプ。身の回りを綺麗することによって気分転換にもなるという効果も。フリマアプリを活用して不用品を販売する人も増加している。

⑦癒し・リラックス型
社会情勢を不安に感じる中で、癒しやリラックスを求める意識が高まっている。ペットを飼い始める、家庭菜園を始めるなどが見られた。そのほかにも、アロマテラピーやハーブティーなど癒し・リラックス効果を見込める商品の消費が増加。

以上のような「巣ごもり消費」へのニーズが高まる一方で、軽率な購入や不要な買いだめで後悔するケースも。普段買わないレトルト食品やカップラーメン、品薄だと聞いて買いだめたトイレットペーパーなど失敗談も多く見られた。

Follow Us