東急エージェンシー、オムニバスと合弁会社アラテを設立

share

4月24日、東急エージェンシーはオムニバスと共同でデジタルマーケティングの合弁会社「アラテ」(代表取締役社長:田中康寛)を、4月1日に設立したことを発表。

オムニバスはアドテクを活用した動画広告・運用型広告などのサービスを提供するデジタルアドバタイジングカンパニー。今回の合弁会社設立により、東急エージェンシーはインターネット広告事業のさらなる拡大を図る。

新会社は事業領域として、デジタル広告全般のプランニングや運用サービスを提供する「デジタルアドバタイジング」、各種データとテクノロジーを駆使してビジネスのドライブをサポートする「Webコンサルティング」、東急エージェンシーとオムニバスのマーケティングアセットを融合した「データソリューション」の3つを挙げる。

両社が培ってきた生活者データやインサイトを活用し、これまでにない革新的なデジタルコミュニケーションを生み出していくとしている。

Follow Us