「飲食店テイクアウト増えた」人が6割超 ぐるなび会員調査

share

ぐるなびは5月21日、グルメサイト「ぐるなび」会員の6割以上が、直近1カ月で飲食店のテイクアウトを利用したという調査結果を発表した。調査期間は5月12、13日で、Webアンケートを実施した。対象は20歳代〜60歳代の「ぐるなび」会員2992人。

「直近1カ月で飲食店のテイクアウトを利用したか?」という問いに対し、「利用あり」と答えた人が61.5%となった。「今後、飲食店でのテイクアウト利用が増えると思うか」には、「増えそう」とした人が32.4%、「変わらない」とした人が62.0%だった。「増えそう」と回答した人が挙げた理由は、「献立を考えたり、食器を洗ったりが面倒。自由時間が増えてありがたい」「実施店舗が増えた。選択肢が広がり、選ぶ楽しみがあるため」など。他方、「減りそう」とした人は「新型コロナウイルス感染症の流行が収束したら、店内で食べたいから」と答えた。

「テイクアウトで重視すること」は、直近1カ月と今後とで違いが現れた。特に「直近1カ月で重視したこと」の4位に挙げられた「自宅ではなかなか作れない料理」は、「今後重視したいこと」では2位にランクインした。「今後」の1位は「価格が安い」(41.9%)、3位は「自宅の近所」(33.8%)。

「直近1カ月のテイクアウト予算」は、昼食が913.9円、夕食が1404.7円。直近1カ月より前と比べて、「増えた」という人が32.5%だった。高くなった理由には、「いままでテイクアウトは食事を簡単に済ませるためのものだったが、いまでは少し奮発して家で楽しむという感覚」「敷居が高くて行けなかった店が利用できたため」などが挙がった。

Follow Us