ゲオ、スマホ決済「GEO PAY」2020年秋以降導入 JCB・DNPと基本合意

share

ゲオホールディングスグループのゲオペイメントサービスは5月18日、スマートフォン向けコード決済サービス「GEO PAY(ゲオペイ)」(仮称)を2020年秋以降に提供すると発表。ローンチに向けて、ジェーシービー(JCB)、大日本印刷(DNP)と基本合意契約を締結した。

ゲオペイは、DNPのキャッシュレス決済プラットフォームと、JCBのQR・バーコード決済スキーム「Smart Code」を採用する予定。店舗とオンライン決済の利便性とサービス向上を目指す。

 
ゲオペイの会員になると、スマホ上のバーチャルプリペイドカード(JCBブランド)が発行される。支払い時には、スマホにQR・バーコードを表示させて提示する仕組みだ。ゲオHDグループの店舗やSmart Code加盟店で利用できるほか、ウェブでは国内外のJCB加盟店でオンライン決済ができる。

ゲオHDは、レンタルやゲーム買取・販売の「ゲオショップ」やリユースショップ「セカンドストリー卜」などの店舗を国内1800カ所(2019年12月末現在)で展開。約2000万人のゲオ会員を有している。

Follow Us