電通が松尾豊研究室発スタートアップと野球選手の姿勢判定アプリを開発

share

電通は6月1日、東京大学松尾豊研究室発のAIスタートアップ会社ACES(エーシーズ)、GAORA(ガオラ)、共同通信デジタルと、野球選手の特徴分析能力強化、怪我の予防をサポートする姿勢推定AIアプリケーション「Deep Nine」を共同開発し、サービス提供を開始したと発表した。国内プロ野球球団への試験導入も決定しているという。

AIアプリケーション「Deep Nine」。ヒューマンセンシングの技術を応用し、被験者の身体にセンサーを装着することなく身体の位置・角度・速度情報を数値定量化する。

ACESは、ヒューマンセンシング・画像認識技術を中心に、AIアルゴリズムソリューションを開発・提供するほか、ディープラーニングを用いた研究開発を行っている。

スポーツ領域におけるデータ利活用が進む一方で、身体動作を定量的に獲得する技術は発展途上であったことから、AIアプリケーション「Deep Nine」を開発。最先端のディープラーニング技術を応用することで、被験者の身体にセンサーを装着することなくカメラで撮影した映像から身体情報の取得が可能となっている。そのデータを野球選手の特徴分析や能力強化・育成、怪我の予防などへ利活用するための機能も搭載している。

Follow Us