ユニクロ原宿店6月5日オープン 240台のディスプレイで着こなし提案

share

ユニクロは6月5日、JR原宿駅前の新商業施設「ウィズ原宿」内に「ユニクロ原宿店」をオープンする。3日に開かれた内覧会ではTシャツ専用売場「UT POP OUT」(1F)のほか、ユーザーから投稿されたスタイリング写真などを投影した240台のディスプレイが並ぶ売場「StyleHint原宿」(地下1F)などが公開された。

ユニクロCEOの赤井田真希氏は同日開かれた記者説明会で、原宿店について「人生を彩る服が楽しめる。わくわくするお店を体験してほしい」とコメント。ファーストリテイリング グループ執行役員の日下正信氏は「服という情報を収集・発見する図書館のような店を目指した。デジタルとリアルを融合した新しい体験を提供していきたい」と説明した。また、コロナ禍でEC 事業ニーズが顕在化したこともあり、「有明倉庫の自動化など進めていきたい」と展望を述べている。

(左から)ユニクロ マーケティング部統括部長の松沼礼氏、ユニクロCEOの赤井田真希氏、ファーストリテイリンググループ執行役員の日下正信氏。

クリエイティブディレクターはレイ・イナモト氏

「StyleHint」はユニクロが2019年10月にローンチした「着こなし発見」をコンセプトとしたアプリ。原宿店のディスプレイではユーザーが投稿した着こなし画像を表示し、気になるスタイリングからユニクロの該当商品、または近しい色味・デザインの商品を探すことができる。フロアマップが表示され、商品の売り場や在庫も確認できる仕組み。レイ・イナモト氏(I&CO)がクリエイティブディレクターを務め、ユーザーの体験設計などを手がけた。コンセプトは「未来の服のライブラリー」。

ディスプレイ周辺の売り場ではカラーリングや組み合わせなどから、「#WHITEBLACK」「#WHITEHAPPYCOLOR」など、8つのテーマを提案。ユーザーは好みのテーマからStyleHintのディスプレイで気になる着こなしを探し、その場で商品を選べるようにした。

新型コロナウイルス対策としては、「タッチディスプレイの操作には専用ペンを貸し出す形で対応」(同社PRチーム)とした。また、入り口でも検温システムを導入している。

店頭では気に入ったスタイリングへの投票も可能で、投票後に指定のQRコードを読み取るとプレゼントへの引き換えチケットを獲得できる。毎日先着で300人に、原宿にあるクッキー専門店「クッキータイム」とのコラボクッキーをプレゼントする。

村上隆氏による「ビリー・アイリッシュ像」が登場

「UT POP OUT」は、店舗のエントランスも兼ねたユニクロのTシャツ「UT」専用の売り場。ECで先行販売していたビリー・アイリッシュと村上隆氏のコラボUTも5日から店頭で販売開始となり、村上氏が制作した3メートルのビリー・アイリッシュ像が期間限定で登場する。

またECと原宿店で先行販売となる、吉田ユニ氏が手がけたハロー・キティのUTやノート、シールといったグッズも登場する(各店でも順次販売予定)。「オープン初日は混雑が予想されるため、整理券配布などを予定している」(PRチーム)とのこと。

このほか店内にはリサイクルBOXを設置するなど、サステナビリティの取り組みをプレゼンテーションする売り場も設けた。ペットボトルをリサイクルし再生ポリエステルからできた糸を使用した「ドライEX ポロシャツ」の製造工程を可視化するなど、環境配慮の姿勢をアピールしている。サステナビリティ専用売り場の設置は初めて。

「原宿」の立地を体現した売り場づくりにも力を入れる。オリジナルTシャツやトートバッグなどをカスタムで作成できる「UTme!」カウンターでは、原宿の周辺店舗とのコラボレーションも実施。カフェ「THINK OF THINGS」、資生堂「Beauty Square」、ドーナツショップ「ヒグマドーナッツ」の各店にまつわるイラストやロゴなどを自由に配置できる。現地でタブレットを使いデザインを発注すると、最短5分で完成する。

また、明治神宮の森を守る取り組みなどを手がけるNPO法人「響」の協力により、近隣にある明治神宮の植栽を試着室にディスプレイした。店舗スタッフが今後ボランティア活動を一緒に行うなど、地域に貢献し、愛される店舗を目指すとしている。

このほか原宿にゆかりある書籍の展示や、カルチャーの側面からはSpotify上で聞けるユニクロオリジナルのプレイリストも店頭で公開。CHAI、chelmico、STUTSといったアーティストらのプレイリストを、売り場に掲出されたQRコードから7月2日まで提供する。

写真投稿で「屋外広告出演権」「売上の一部を還元」

このほか「StyleHint」では原宿店オープン記念で、公式アンバサダーを募集するなど参加型企画にも力を入れる。

第一弾(5月28日~6月25日)では所定の投稿テーマにあわせてスタイリング写真を投稿すると、最大30人をアンバサダーとして起用。原宿エリア周辺に掲出する屋外広告に出演することができる。また、スタイリング写真を通じて商品が売れた場合、売上の一部を還元する。

第二弾(7月23日~8月20日)では、ユニクロのイメージキャラクターを務める今田美桜と広告で共演できる権利が最大4人に与えられる。

Follow Us