味の素・花王など国内19社が参画 「ESG情報開示研究会」発足

share

6月下旬、味の素、花王など国内大手企業やコンサルティング会社19社で構成される一般社団法人「ESG情報開示研究会」が発足する。代表理事には青山学院大学名誉教授・東京都立大学特任教授の北川哲雄氏が就任し、研究期間は約2年を予定している。

ESGとは、環境・社会・ガバナンス(Environment・Social・Governance)を指す。この3つの観点で投資判断評価を行うESG投資が活発化し、企業においてはESGに関わる情報開示や機関投資家などステークホルダーとのエンゲージメント構築が課題となっていることが設立の背景にある。

研究会では実務に活用できる実践的フレームワークや、日本固有の特色などを加えたモデル指標の探究に取り組む。研究成果はホワイトペーパーとしてまとめ、国内外の企業・機関投資家などに広く活用してもらうために公表する。

立ち上げ時の参画企業19社は以下のとおり。

・味の素
・アセットマネジメントOne
・EY Japan
・花王
・KDDI
・KPMGジャパン
・ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
・ゴールドマン・サックス証券
・セブン&アイ・ホールディングス
・SOMPOホールディングス
・武田薬品工業
・有限責任監査法人トーマツ
・東京電力ホールディングス
・日本生命保険相互会社
・PwC Japanグループ
・日立製作所
・みずほフィナンシャルグループ
・三井住友トラスト・アセットマネジメント
・三菱UFJフィナンシャルグループ

Follow Us